家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

プーチン大統領、 国際舞台におけるオバマ大統領との決闘に勝利 richardkoshimizu's blog/ウェブリブログ

richardkoshimizu's blog

アクセスカウンタ

サイト内検索

help RSS プーチン大統領、 国際舞台におけるオバマ大統領との決闘に勝利

<<   作成日時 : 2015/05/18 08:15   >>

ナイス ブログ気持玉 500 / トラックバック 0 / コメント 20

「米国政府は、諜報部隊の極秘作戦にもかかわらず、プーチン大統領の力を弱めることが できなかった。」

ここが歴史の転換点であったと理解します。

米ユダヤテロリストの仕掛けたNH370便事件とMH17便事件が、それぞれ、習近平氏とプーチン氏に「ユダヤ米国との決別」を決意させたと。

ユダヤ米国は自ら実行した「最後のテロ」で大失敗し、ふたりの強敵を生み出してしまった。その二人がしっかりと手を組んでしまった。

この時点で、ユダ金の没落は決定した。さようなら、金融悪魔の皆さん。

プーチン大統領、 国際舞台におけるオバマ大統領との決闘に勝利

/ Sputnik 日本:

http://jp.sputniknews.com/opinion/20150516/342700.html

以下、ブルセニオ氏の論文の
要旨を、皆さんにご紹介したいー
「現代の地政学的現実の中で、
世界における米国に影響力を制限
しているのは、他ならぬ
ロシアと中国両政府だ。
米政府は、起きている変化を
受け入れることができないし、
対抗することもできないでいる。
しかし、米国が世界における
唯一の超大国であった時代は、
もう過去のこととなった。
米国は、ソ連崩壊後手にした
世界の覇権を失ってしまった。

しかし、ロシアとそのリーダー
であるウラジーミル・プーチン氏
を二義的なものとして背後に
押しやってしまおうとのあらゆる
試みは、うまくいかず、
ウクライナでの戦争、
マレーシア航空機墜落事故、
経済封鎖、挑発された石油危機
なども、ロシアとその指導部を
弱めることはできなかった。
あべこべにプーチン大統領は、
世界中に『自分が、新たな世界の
挑戦をうまく処理する有能な
政治家である事』を示した。
米国政府は、諜報部隊の極秘作戦
にもかかわらず、プーチン大統領
の力を弱めることが
できなかった。(中略)
世界が冷戦の新しい時代
に入ろうとしていると指摘する
向きもあるが、自分はそうは
思わない。時間の針を過去へと
戻し、反ロシア的機運を再び
作り出そうとする米国の
イデオロギー的目論見は、今も
これからも達成されることは
ないだろう。それゆえ
オバマ大統領が、国際舞台での
戦いでプーチン大統領との決闘に
敗れたことは、全くもって
明らかである。」
ひろ〜ん
2015/05/16 20:03

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。
気持玉数 : 500
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
苫米地英人 戦争が起こる理由を簡単解説 バラ色ダンディ 2015 04 16 https://youtu.be/ZjViCyF4y8E @YouTubeさんから
狛江
2015/05/18 08:16
最近のスプートニクは凄いですね。
ネットラジオの日本語放送では「モスクワの声」だった頃と余り変わらないですが、英語版の放送では物凄いことになっています。

http://sputniknews.com/radio_brave_new_world/
Brave New Worldという番組があって、先日何気なく流していたら、デビッドロックフェラーだのCIAの策謀だのカラー革命の背後にジョージソロス財団がだのニューワールドオーダーだのと、日本では絶対に電波に乗らないようなものすごい内容のことを話していました。

細かいところまで聞き取れない語学力の低さをうらめしく思いました・・・。(^_^;)
はらへった
2015/05/18 08:30
AIIBに英国とドイツが参加したということで、ヨーロッパもアメリカから軸足を移し始めているということが見て取れます。

それに対抗するためのアメリカの焦りが、TPPゴリ(ラ)押しですね。

効果のほどは、焼け石にスズメの涙ですが…
コーギー
2015/05/18 09:40
記事音声UPしました
https://youtu.be/tGUUquHxdaw
そろそろ裁判
2015/05/18 10:30
JAL123便の遺族の皆さん、TV局に真実の解明の抗議してもいいと思いますけどね。
必殺仕掛人
2015/05/18 10:32
そして、

311が、なんでイスラエルなんだ?という疑問に導きさせ、イスラエル=US government という結論に至らしめました。

また、イスラエルのガザ侵攻が、ユダ金=Ashkenazi Khazar Marrano Fake Jews という理論に拍車をかけました。

また、同上のイスラエルのガザ侵攻とエボラ詐欺が国連への不信、
すなわちNo need UN という確信を確固とさせました。

また、不正選挙が、世界に巣食うユダ金の犬の観察、監視を強化させる原動力になりました。

即ち、真実に基づく正義信義の探究は世界のためであり自分のためでもあるのです。

悪いものは悪い!人殺しは許せない!許せない者は断罪する!
これらのことを日本、世界に浸透させてみせます!

そして歴史の大転換期を世界のみんなでお祝い出来るように段取りをしてみせます。

そして、世界の子供たちから、「ありがとう」といわれるように、いまから最高の笑顔になる練習をしておきます。

「ありがとう」っていわれるのも決定事項のような気がするんです!☺

以上です!
kmrb
2015/05/18 10:34
>「最後のテロ」で大失敗

「衝撃と畏怖」作戦
(ショック・アンド・ウォー)
とは、迅速な「支配の確立」を
目指す戦略であり、これは
2003年の「イラク戦争」を
支える「理論」であった。

それはフセインとアルカイダの
間に何の「関連性」が無くとも、
強引に「実行」に移された。

また911以降、アメリカでは
大戦時に似た「プロパガンダ」が、
メディアによって「復活」した。

しかし実際には、当時アメリカは
「宣戦布告」をしていなかったので
「交戦」などしていなかった。

また小規模のゲリラグループ以外
には「敵軍」はどこにも存在して
いないという事実は、全ての
報道から「除外」されていた。

そして現在においても、アメリカの
「敵軍」は世界中のどこにも存在
しておらず、迅速な「支配の確立」
などという戦略は空論に過ぎない。

つまり「イラク戦争」とは、
アメリカが仕掛けた国家レベルの
「軍事テロ」であったのだ。

今にして思えば、この超無法な
「軍事テロ」が、国際社会に
おけるアメリカの「信用」を
自壊させる「トリガー」だった。

つまり「衝撃と畏怖」作戦とは、
最終的にはアメリカの完全な
「覇権の喪失」を招く戦略だった。

「立案者」に感謝する。
(もちろん皮肉である)
ぷち
2015/05/18 11:10
曇らないふたつのまなこさえあれば、こうした世界情勢の趨勢は火を見るより明らかです。
なによりいけないのはテレビ新聞発の隠蔽情報。
この種の洗脳情報は、あなたの角膜を覆い、あなたの魂をうその海に落とし、最終的にあなたの生活と健康とを阻害します。
健康に生きたいのなら、どうか毎日の偏向マスコミ報道を分析して、その意図する方向を読み、無力化することです。
でなけりゃ、あなたはただの搾取されまくりの盲目の憐れな羊です。
そうなりたくなければ、特効薬はひとつっきゃない、

リチャードコシミズブログ!

リチャードコシミズブログ!

1日1錠の服用で、あなたの曇りまくった見識が、ほら、こんなにクリアーに!
こんな革命的な薬ってないよ。
ただ、夢中になって知人友人に効果を吹聴しすぎると、ときとして友人関係を阻害する副作用があるので、その点だけ注意。
マイケル
2015/05/18 11:45
米国務のケリーが最後の御奉公とばかりに、ロシア→中国を回り対談と称するものも、米国の数多の悪事を見破られてる言い訳と命乞いにしか見えません。
ケリーは、どうせ退任では。
ピーチパイ
2015/05/18 12:10
プーチン閣下、ユダ米にとどめを刺して下さい!

◆ロシア 原油をルーブルで輸出する用意
http://jp.sputniknews.com/business/20150513/326933.html

ロシア政府は、一連の関係機関に対し、ルーブルでの輸出契約による取引を発展させてはどうかとの連邦反独占庁の提案を検討するよう委任した。これは、様々な商品に関するもので、その中には、石油や石油製品も含まれる。消息筋の情報として、インターファクス通信が伝えた。
委任は、財務省、経済発展省、エネルギー省、連邦税務庁、中央銀行に向けなされた。各省庁・機関は、提案を検討したうえで、自分達の意見を5月14日までに出さなくてはならない。

連邦反独占庁は、現在、石油会社を含め、大手企業がルーブルで輸出取引するための前提が作られたと見ており、同庁内部では、そうなれば、ルーブルの競争力が上がり、ルーブルに対する追加需要を創り出せ、資本の流出も減らすことができ、輸出品に対する公正な価格が形成されるだろうとの指摘がなされている。

3月30日、トルコ経済省のアルナン次官は「ロシアとの巨大融資プロジェクトの決済は、ルーブルとリラ(トルコ)で行う可能性がある」と述べた。

又2月18日、エジプト観光省は、ロシアとの相互決済にルーブルを導入する決定を承認している。

さらに昨年10月20日明らかになったところでは、ロシアと朝鮮民主主義人民共和国は、ルーブルでの相互決済に移行した。
偽装春曲丼阻止!
2015/05/18 12:43
やはり、ロシアの火事は、テロ?だったのでしょうか?ヒドイ〜
モスクワ・ノヴォデヴィチ修道院で火事
http://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/news/2015_03_16/283347423/

http://matome.naver.jp/odai/2142645135029816401

ロシア領内で猛威をふるい23人の命を奪った森林火災が、中国領内にも広がった。

続きを読む http://jp.sputniknews.com/incidents/20150414/192784.html#ixzz3aT15fWM6

水面下では、大変なご苦労があったと、存じます。

油だ金式ちゃぶ台返し・ショックドクトリン=火事場泥棒

2015/05/18 15:01
福岡男性、エボラ感染疑い。
18日夕にも検査結果

イジワル
明治維新はロスチャイルド
2015/05/18 15:04
飛行中の旅客機制御システムに不正侵入か。
FBIが捜査

拘束男性、ハッキングか。

FBIが出て来るって、逮捕じゃあなくて拘束とかチンパンジー芝居事件なのか?

まあ 毎度人のことは言うわ、駄目リカちゃんは。

明治維新はロスチャイルド
2015/05/18 15:10
まるでRKさんの発言みたいですね(^O^)
パレスチナ万歳
2015/05/18 15:11
AIIBに英独をはじめとするヨーロッパ諸国が、雪崩を打って参加表明し始めたとき、ああ完全に世界の流れは変わったな〜と感慨深いものがありました。ユダメリカの一極支配の時代は終焉を迎えたのです。今後よしんばTPPを強行したとしても失敗に終わることでしょう。無駄な悪あがきはもう辞めた方がいいと思います。すべて焼け石に水です。

半島系下僕の皆さんも焦りまくっていることでしょうね。

ヤフーのサーバーも無駄な邪魔立てするな!馬鹿!あっ、半島系でしたね。
ブランチ
2015/05/18 18:07
プーチン大統領は、本来ならやり返す実力も理由も余りあるのによく我慢のできる方だと思います。理想があるからでしょう。そうでないと、ここまで辛抱しない。世直し後にはどの様な世界の在り方を目指すのか聞きたいと思います。
日本独立
2015/05/19 04:14
〉マイケル様
リチャコシブロ錠
毎日飲まないと、イライラが来て、
ほぼ中毒状態です。
アリス
2015/05/19 07:40
中露を、仲違いさせようと必死?
投資の流れも抑制したい?
エコノミスト表紙の黒幕は
「サヴォイア家」バレてます〜

[13日 ロイター] - ロシアと中国は今週、黒海と地中海で海軍の合同軍事演習を行う。先週には、中国の習近平国家主席がモスクワを訪れるなど、ユーラシア大陸の2大国家が関係を強化していることがこのところ浮き彫りになっている。

両国は重要な経済的利益を共有し、米国主導の世界秩序にもそろって反対しているが、時間と共にその関係は不均衡かつ緊張したものになるとみられる。
http://jp.reuters.com/article/jp_column/idJPKBN0NZ0CA20150514

2015/05/19 09:15

★最新のB・F氏の英文レターで気になる情報がありました。

http://beforeitsnews.com/alternative/2015/05/benjamin-fulford-may-18th-2015-khazarian-mafia-wants-to-donate-funds-to-humanity-in-exchange-for-amnesty-3157390.html


●RT(ロシア・トゥデイ)が正式なロシア国営メディアではなくて、非常に洗練された西側諜報機関の好戦的プロパガンダ機関であることが、ポロシェンコ大統領の記事を扱った「見出し」で明らかになった。

(私もこのRTの記事を読みましたが、RTはポロシェンコ大統領がドイツメディアのZDFに対して話した内容をただ引用しているようにしかとれなかったので、B・F氏の判断には疑問が残ります。)

●フロンガスによるオゾン層破壊はデュポン社の詐欺プロパガンダ。

●大統領候補のジェフ・ブッシュとヒラリー・クリントンは大量殺人の罪で手錠をかけられ、引きずりおろされる。

●安倍に近い人物が白龍会に接触してきて、緑虫・油揚げ喰うパー・海坊主・Gカーティスらを追放する計画がある。八咫烏・ヤクザ・他の権力組織が協力して日本を取り戻すだろう。

VT
2015/05/19 09:16
もしプーチンが真実を言っているとしたら?
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-7475.html

2015/05/19 21:10

コメントする help

ニックネーム
本 文

月間アーカイブ


このブログを携帯で読む

プーチン大統領、 国際舞台におけるオバマ大統領との決闘に勝利  richardkoshimizu's blog/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]