FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
恋活

ロシアが、ISと戦うアサド政権を支援して何が悪い?米国さんよ、ISって、米国の敵じゃなかったの? richardkoshimizu's blog/ウェブリブログ

richardkoshimizu's blog

アクセスカウンタ

サイト内検索

help RSS ロシアが、ISと戦うアサド政権を支援して何が悪い?米国さんよ、ISって、米国の敵じゃなかったの?

<<   作成日時 : 2015/09/10 07:52   >>

ナイス ブログ気持玉 209 / トラックバック 0 / コメント 16

シリアでは、米国は金融ユダヤ人の企む「大イスラエル帝国」建設の野望に加担しているわけで、シリア内戦を激化させて、アサド政権を倒したい訳です。(ウクライナのユダヤ傀儡クーデター支援。。。というか主催の前科あり。)

シリアを大イスラエル帝国の版図に組み込もうとしている。米国=イスラエルなのです。

だから、その姦計をとうに承知しているプーチン氏が、シリア内戦に介入すべく、ロシア機による空輸を進めるのは、真っ当な行為。ギリシャもイランもロシア機の上空通過に同意。それを批判する悪魔の支配する米国。

誰が、人類の敵なのかはっきりしてきましたね。

ISと戦うアサド政権をロシアが支援して何が悪い?

ISが米国イスラエルがねつ造した偽イスラム過激派だからですか?

ISの頭目のサイモン・エリオットさんというユダヤ人、負傷されたそうですが、お元気ですか?w

2015/9/10 05:53

●ギリシャとイラン シリアへの人道援助物資を積んだロシア機のために領空を開放

2015年09月09日 21:17(アップデート 2015年09月09日 21:43) スプートニク

http://jp.sputniknews.com/politics/20150909/874171.html

イランは、シリアへ人道援助物資を輸送するロシア機の領空通過に同意した。イタル-タス通信によれば、これについては、駐イラン・ロシア大使館のマクシム・ススロフ報道官が明らかにした。 またアテネのロシア大使館によれば「ギリシャ当局も、シリアに向かうロシア機の通過に同意した。」担当者は、イタル-タス通信記者に「航空機の通過許可は、8月31日に受け取った。ギリシャ外務省の文書により手続きがなされた」と伝えた。 昨日ブルガリア外務省は「我々は、シリアに人道援助物資を運ぶロシアの軍事輸送機のために上空を開放しない」と発表した。彼らの説明によれば「この措置は、ブルガリア上空を通過する目的について正しく説明されなかったことに関係している」との事だった。しかしその後ブルガリア政府は「我々は...

ハラ

2015/9/9 20:40

ユダ米(怒)

●ロシア機の領空通過拒否=シリア軍事支援、米の圧力も―ブルガリア

時事通信 9月9日(水)19時8分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150909-00000124-jij-int

【モスクワ時事】ロシアが過激派組織「イスラム国」と戦うシリアのアサド政権への軍事支援を強化する中、ブルガリアは8日、ロシア貨物機の領空飛行を拒否したと発表した。 シリアへの主要ルートの一つが制限された形で、ロシア高官は「米国の圧力だ」と反発しており、代替ルートを模索する考えだ。 ケリー米国務長官はロシアの軍事支援に関して、ラブロフ外相に「戦闘を激化させる」と懸念を伝えている。ロシアは積み荷を「人道支援物資」と説明しているが、国際社会は「軍事支援物資」の疑いがあると見ている。 シリアへの可能な飛行ルートは限られている。シリア反体制派を支援するトルコはアサド政権と敵対し、ロシア機への飛行許可は非現実的だ。米国の影響下にあるイラク上空も難しい。そのため、黒海からブルガリア、ギリシャ、地中海に抜けるルートが合理的と判断された...

ハラ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 209
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
ユダ金に
 ブルって拒否の
  ブルガリア
芭蕉
2015/09/10 07:55
面白いですな〜。アメリカがイスラム国をぶっ潰すって言ってる内はイスラム国も安心してたが、ロシアは本気で来るからね〜。プーチン凄い。アサドも頑張って。
噂タク
2015/09/10 08:03
ISIS(イスラム国)は反アサドの戦いのためアメリカが作った。ISISリーダーのバグダディーは、本名はサイモン・エリオットでユダヤ人。イスラエルのモサドの工作員。

◆飯島勲「イスラム国リーダーはモサド工作員」(そこまで言って委員会H27.7.26)
http://www.yourepeat.com/watch/?v=xRzC2-dCVF4&start_at=0&end_at=96
「RK言説」拡散!
2015/09/10 08:08
シリア・ジャアファリ国連大使は、国連の非公式の会合で、「パン事務総長は報告の中で、国連加盟国が100以上の国から、多くのテロリストをシリアに派遣している、という事実を無視している」と表明しました。

ジャアファリ大使はまた、「パン事務総長は、これらのテロ組織が、シリアで人々に対する最悪の犯罪を行っており、最終的に、シリアとその基盤を消滅させるという事について、まったく触れていない」としました。

さらに、シリア難民が海域で苦しんでいるのは、西側諸国の責任だとして、彼ら難民は外国の支援を受けたテロリストの手から逃れようとしていると述べました。

http://japanese.irib.ir/iraq


アベリカ傀儡犬はヒドイ。
派遣の賃金を更に下げて、日本人奴隷化に、難民問題を、便乗利用中。

外国人の家事代行+法務省が難民認定見直し案、再申請抑制など盛り込む

http://jp.reuters.com/article/2015/09/09/europe-migrants-japan-idJPKCN0R917X20150909

2015/09/10 08:30
シリア人はとても優秀で、知的で、明るい人達です。

ユダヤ人は陰湿で、執念深くて、何千年間も生贄の儀式をしています。

ホロコーストで生贄にされたのはパレスチナ人が多いとマルコポーロで読みました。

シリア人やアサドさんが気の毒です。

パレスチナ人は、全部イスラエルとアメリカの仕業と知っているでしょう。

そんなアメリカの手下の安倍政権は不正選挙なのであいつらをアメリカ軍の最前線に送れば良いと大学生たちがデモで言っていました。
必殺仕掛人
2015/09/10 09:04
格言
 敵(シリア)の
  敵(IS)は
   (米の)味方
芭蕉
2015/09/10 09:06
@中東の人のために生まれたかと思われたアルジャジーラも結局はシリア転覆のためのものだった可能性があります。

https://www.youtube.com/watch?v=od0klQ1YqtA
(反体制の製造 #シリア 政府転覆の陰謀を暴くドキュメント #syrjp #midjp)

A【ま〜た、お前か】を2名紹介。

【Sputnik ‏@SputnikInt】さんの昨日のツイート
#Soros-sponsored #WhiteHelmets uses NGO-status as cover-up to demonize #Assad government
http://sptnkne.ws/GV5
(ソロスが援助するNGOホワイトヘルメットは一般国民を助けるためでなく、アサドを追い出すために使われている、という記事です)

【Sputnik ‏@SputnikInt】さんのきょうのツイート
#McCain: EU #MigrantCrisis 'predictable result' of #Obama policy in Syria
http://sptnkne.ws/HmX #SyriaCrisis
    ↑
オバマを非難しているようですが、マケインさんは自分の責任はどう取るのでしょうか?

https://www.youtube.com/watch?v=yiGbk_S7jmI
(マケイン上院議員はシリアでテロリストに会う )
peco
2015/09/10 09:38
今現在ロシアの観測衛星からシリアにIS拠点情報が送られているそうです。
今後反政府ゲリラ、ISの拠点を効率よく叩く作戦が効率良く実行されると思います。

各国の地上部隊が入らないのは何故ですかユダ金?
葵一
2015/09/10 10:00
ロシアのやってる事=人道支援


ユダ金アメリカのやってる事=外道自演
酢味噌
2015/09/10 11:02
行動や発言で、悪魔側か人間側かが鮮明になって参りました。
ホームパイ
2015/09/10 12:00
× >ケリー長官は「(ロシア軍の存在は)シリアのさらなる不安定化を招き、国際社会が目指す(内戦問題の)解決策にも無益だ」と指摘した。

○ ロシア軍の協力により、ISISが壊滅し、大イスラエル妄想が潰えたうえに、ISISの頭目と構成員がユダヤ人でだらけであり、背後には…、とロシアが公式発表したら困るので止めてください、お願いですから…。

●ロシア軍展開「暴力の激化に」=米国務長官が懸念伝達―シリア内戦

時事通信 9月10日(木)6時54分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150910-00000011-jij-n_ame

【ワシントン時事】ケリー米国務長官は9日、ラブロフ・ロシア外相と電話で会談し、ロシア軍がシリア領内で展開しているとの報告について「事実であれば、暴力の激化につながる」と述べ、懸念を表明した。
両外相は5日の電話会談でこの問題を話し合ったばかり。
カービー国務省報道官によると、ケリー長官は「(ロシア軍の存在は)シリアのさらなる不安定化を招き、国際社会が目指す(内戦問題の)解決策にも無益だ」と指摘した。ラブロフ外相の反応は明らかになっていない。
ロシアはこれまでに、同盟関係にあるシリアの政府軍に対して訓練や武器を供与している事実を認めている。ロイター通信によると、ロシア部隊は既にシリア領内での軍事作戦に関与している可能性がある。 
ハラ
2015/09/10 12:11
米軍兵士のみなさん、あなたたちは超富豪たちの奴隷ですよ。早く気付いて軍隊などおやめになりなさい。
上杉藩
2015/09/10 13:25
アメリカと並ぶ超核大国であり、アメ肛ユダ肛の遣り口を知り尽くす、プーチン・ロシアは、奴等にとり正に恐ロシア!!
ARZAL
2015/09/10 13:55
中国外務省、ISの中国人人質事件確認中

http://japanese.cri.cn/2021/2015/09/10/147s241368.htm

イスラム過激派組織イスラム国(IS)が中国人を人質にしているとの発表をうけて、中国外務省の洪磊報道官は10日、北京で行われた定例記者会見で、「中国政府は関連報道に注目している。詳細について確認中だ」としました。

洪報道官は、また「中国は無辜の一般市民に対する暴力行為に断固反対する」と述べました。
とくお
2015/09/10 20:00
なるほど、日本公館がISISに狙われ、被害を受ける→ISISと戦わねばならぬ→自衛隊をシリアに派遣して戦わせる…、新安保法制の目的の一つですか…。

●日本公館への攻撃呼び掛け=インドネシアなどで―「イスラム国」

時事通信 9月10日(木)22時0分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150910-00000152-jij-asia

【ジャカルタ時事】過激派組織「イスラム国」がインターネット上に公開した英字機関誌「ダビク」の中で、インドネシアやマレーシアなどの日本公館を攻撃するよう呼び掛けたことが10日、分かった。
 
ダビクはイラクやシリアでの戦闘に参加できない支持者に対し、攻撃の対象として、インドネシア、マレーシア、ボスニア・ヘルツェゴビナにある日本公館のほか、アルバニアにいるサウジアラビア外交官なども例として挙げた。
イスラム専門家によると、日本公館が対象となった3カ国はいずれも、同組織支援のため若者らがシリアなどに渡航したとみられている。
ダビクはこれまでも、日本人人質殺害に関連して、日本はイラクやアフガニスタンの戦争以来「十字軍に参加している」と非難していた。

●日本を乗っ取っている米国戦争屋の要請で、自衛隊がNATO軍下請けとしてシリアに動員され、最悪、ロシア軍と戦闘させられる危険が急浮上!

新ベンチャー革命2015年9月10日 No.1209

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/35250814.html
ハラ
2015/09/10 22:30
「ロシアの勇者」に大拍手〜(笑)

ラヴロフ外相:ロシアがシリアを支援すればイスラム国が強化される云々は言語道断

米国によれば、ロシアがシリアのアサド政権を支援すればイスラム国が強化されるとのことだが、それは大間違いである。ロシアのラヴロフ外相が述べた。

ラヴロフ外相によれば、ケリー長官は、アサド大統領に対するロシアからの支援をめぐる風説への憂慮を示した。

「彼もまた、アサド政権の対テロ作戦を支持すればイスラム国を強化するだけだ、イスラム国は自らが必要とする武器、金その他でより強大化してしまう、との奇妙な思考を示した。これは全く逆立ちした論理であって、都合の悪い政権を転覆するのにテロリストらを使おうとする試みに過ぎない。それは言語道断だと考える」とモスクワの記者会見で、ラヴロフ外相。

「非合法なことをやっているとか、イスラム国を強化しているとかと声高な非難が我々に寄せられているが、米国が先陣を切る空軍連合のやり方をよく見てほしいと私は言いたい」とラヴロフ外相。

「この重大極まる対テロ戦線ですべてのプレイヤーを結集させることは、もしダブルスタンダードを脱却し、国際法と国連安保理の調整力を通じてそれを行うならば、十分に可能なことだ」とラヴロフ外相。

ラヴロフ外相によれば、ロシア軍は久しくシリアに入っており、そのプレゼンスはシリアへの武器の供給を理由とするものであるが、彼らは軍事行動には全く参加していない。

「ロシア軍はシリアに入っている。長年シリアにいる。そのプレゼンスはシリアへの武器供給にちなむものであり、武器供給はイスラム国その他のテロ組織と戦うことを基本的な任務としており、ロシア軍がシリアにいるのは、シリアの軍人がそうした武器の使用に習熟し、対テロ作戦でそれを使えるようにするためだ」とモスクワの記者会見で、ラヴロフ外相。
パレスチナ万歳
2015/09/11 00:06

コメントする help

ニックネーム
本 文

月間アーカイブ


このブログを携帯で読む

ロシアが、ISと戦うアサド政権を支援して何が悪い?米国さんよ、ISって、米国の敵じゃなかったの? richardkoshimizu's blog/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]