家電バーゲン
楽天市場
FX自動売買
禁断のケーキ

マレーシア首相の口座で発見の7億ドル、サウジ王家からの贈与だった richardkoshimizu's blog/ウェブリブログ

richardkoshimizu's blog

アクセスカウンタ

サイト内検索

zoom RSS マレーシア首相の口座で発見の7億ドル、サウジ王家からの贈与だった

<<   作成日時 : 2016/01/29 08:01   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 500 / トラックバック 0 / コメント 11

スレチですが すぷートニックより

マレーシア首相の口座で発見の7億ドル、サウジ王家からの贈与だった

続きを読む http://jp.sputniknews.com/asia/20160127/1497252.html#ixzz3yRehAVI8

全く想像がつきませんが  サウジ毛の言うことを聞かなかったようです。
ダー一種詐欺?テロ加担?

党員になっちゃった

2016/01/27 20:58


マレーシアという国は些かややこしい国で、簡単に政治情勢を説明できる代物ではないのですが、まあ、やってみましょう。

複合民族国家、マレーシア。元は英領植民地。原住民は、マレー人イスラム教徒、7割。英国人が、生ゴム・パームオイルのプランテーションとスズ露天掘り鉱山の労働者として連れてきた華僑と印度人の子孫が3割弱。1957年8月31日に英国から独立。マレー半島=マラヤ=Malayaとサバ州・サラワク州・シンガポール(のちに連邦から脱退して独立。)の「S」を合体してMalaysia(マレーシア)とした。ジャングルにオランウータン。マレー語で「森の人」の意味。w

マレー語は文字を持たないため、マレーシアの古代史は一切不明。台湾近辺発祥のマレー海洋民族が長い間を掛けて、マレーシアまで到達し、先住民のオラン・アスリ(マレー語で「最初の民族」の意)族を追い出して、占拠して今に至る?インドネシアも同一語族。フィリッピンもスペイン人が入らなければ、今でもマレー人国家。

現首相のナジブ・ラザク首相はTPP推進派といった位置づけでしょうか。この人、なぜ、首相になれたかというと、お父上のアブドル・ラザク元首相が「マレーシア発展の父」と呼ばれる二代目首相だったわけで。息子さんは、2009年から首相を務めています。

一方、26日、「TPPに署名すれば、外国の干渉なしでは国家としての決定ができなくなり、再び植民地化を招くようなものだ」と正論を直言するドクター・マハティール元首相。1981−2003年の長期にわたりマレーシアの首相を務めた実力者。今も隠然たる影響力。親日家。歴代首相の中で唯一、英国の大学を出ていない。(父は印僑。母はマレー人。シンガポール大学出身で医師資格を持つ。)反ユダヤ的、反国際金融資本的スタンスを堅持する。米国1%にとっては不倶戴天の敵。

ことの起こりは、マハティール主導の反ナジブ政権運動。2015年8月、クアラルンプールで行われたナジブ首相の退陣要求デモに参加し、ナジブ政権の汚職を糾弾した。政府系ファンドの資金約7億ドルを国会議員らの買収に使ったと報道陣に話した。

ナジブ政権は『名誉棄損』でマハティール氏を訴追したり、マハティール系議員を与党から追い出したり。ああ、面倒くさい。マレーシアの検事総局が捜査に乗り出した(ふりをした)。7億ドルは、サウジ王族からナジブ首相への個人献金だった、問題ないとして「使わなかったから返済した。」ということにして、幕を引こうとしている。

なんだか、自民党の汚職の揉み消して手口みたいですねー。

●(サウジを経由して?)米国1%が賄賂を使って、マレーシアの政治家を買収し、TPPに賛成させようと企んだのか?マレーシアがTPPに反対すれば、TPP=NWOの実現は遠のく。マハティール追い落とし作戦資金だった?

●サウジ王族が、自国の経済破綻を見越して、隠し財産をマレーシアに隠匿したのか?

何はともあれ、米国1%の盟友、サウジ王族の関わりはありそうです。サウジ王族の失墜が、米国1%の落日に繋がる。さっさと破綻してくだされ。

マハティール閣下、応援しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。
気持玉数 : 500
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
デーブ・スペクター (@dave_spector)
さんが8:05 午前 on 金, 1 29, 2016に
ツイートしました。
TTP→とっても 大変な People
(https://twitter.com/dave_spector/status/692846093604786176?s=09)
ひろ〜ん
2016/01/29 08:38
ハリマオの登場を願います。
Elint
2016/01/29 09:17
マレーシアの歴史の経済面ですが

マハティール首相の時代、悪魔帝国アメリカは

ジョージ・ソロスを使って、マレーシア通貨を売りたたいて

マレーシアの資源、金鉱山を強奪しようとしました。

マハティール首相は、悪魔帝国アメリカを追い出しましたが


そのご、マレーシア機はストーカーの親玉 アメリカに民間機を撃墜されています。

世界史もっとも醜いストーカーがアメリカなのです。

アメリカ人を見たら、本当の歴史をアメリカ人に教えてやりましょう。

アメリカの99.9%もユダ金悪魔ロックフェラー財団の犠牲者です。

アメリカの99.9%から銃を奪ってはいけません。

日本流の「神風特攻精神」をアメリカ庶民におしえてやりましょう。
必殺仕掛人
2016/01/29 09:45
TPP
 7億ドルで
  国を売り
芭蕉
2016/01/29 09:52
たしかBFさんによると、郵政民営化のちきに、竹中平蔵が500億もらったということだったので、TPP参加のために、マレーシア首相に7億ドルは適正相場かもしれません。
ちなみに山田正彦さんによると、TPP交渉で米国製薬業界はロビー活動に4000億円使っているらしいです。

TPP調印が間近なせいか、気象操作色々やっていそうです。今回は自然に近い雪でお願いします。

http://tropic.ssec.wisc.edu/real-time/mimic-tpw/wpac/main.html
peco
2016/01/29 10:27
>自民党の汚職の揉み消し

結局、国際社会においては、

どこの国でも、同様のことを
「米国1%=CIA」は
行っているにも関わらず、

多くの日本人は、
その現実を知らないでいる…

マスコミが伝えないからだ。

日本人の「閉鎖性」など、
捏造された「戯言」である。

広い「視点」で見なければ、
「袋小路」に嵌る時代だ。

「目先」を越えなければ。
ぷち
2016/01/29 10:50
元マハティールの側近で、Future Fast ForwardというブログをやってるMatthias Chang は喜んでそうですね。

http://www.futurefastforward.com

彼はこの間、よくわからん理由で逮捕されたようです。私の予想では、マレーシア航空機の行方不明事件で、いろいろいらんことを書いたので、ユダヤさんのお怒りを買ったのではないかと。コシミズさんの新刊に彼のサイトが引用されたのが悪かったのかも(笑)

まあ、無事出てこられたからいいんですが。そのせいか、ナジブのことをクソミソにけなしてまして。
wombat
2016/01/29 11:40
マレーシアは複雑で、地域によって法律が違い、休日が違ったり、王様がいたり、宗教指導者も個別にいます。
また、同じ国なのに移動の際、入国審査が必要だったりもします。
昨年、景気を後退させる要因になる消費税(GST)を導入したときはびっくりでした。
今では原油値下がりもあり、マレーの通貨(リンギット)は目下、下落中ですね。
ken
2016/01/29 13:44
 間違って私の口座に振り込まれますように。アーメン。今日の天気は、アメ。
あのねあのね
2016/01/29 15:14
「些か」どころか、相当ややこしいですね。
我が国にも似たような側面があるが、少なくとも、いわゆる縄文時代から文明があり、2675年前から天皇がいる事を、改めて有り難く思います。
ただ、Drマハティールがいない事が決定的に違いますね。
我が国では、バトルフィールド エリートは、早めに潰されるシステムになっていますからね…。
しかし、市井に埋もれている真のエリートが台頭するのも近い!ひそかに爪を研ぎ続けていた、あなたかもしれないし、私かもしれない…。一人じゃないかもしれない…。
必要なのは「覚悟」だけだと思います!
moritt
2016/01/29 23:22
ディエゴガルシア基地の消えたマレーシア機の件でサウジ王族が偽ユダヤ勢力の手先として動いている明確な証拠でしょう。サウジ王家が偽ユダヤ王家或いは、モサドである証拠でもあります。原油市場は、日本の株式市場の30%程度の市場で、ファンドが4割から5割を動かす市場ですので市場操作が可能です。ロシア潰しをサウジ王家が行っているのでしょう。その為、サウジは国家財政が逼迫して、国債を発行せざるを得なくなり、原油の80%を占めているシーア派地域住民を敵に回してまで、シーア派指導者を死刑にしています。

王族や国家の行く末よりも、偽ユダヤ利権を優先させて原油を増産する不可思議な行為を行うサウジ王家は、親イスラエルの疑惑のデパートだが、もうすぐロシアの勝利の内に全てが終わるでしょう。そして米国のシェールバブルも3月末の決算で終わる可能性が高いでしょう。銀行の借り換えが出来ず資金ショートで多くのリグが閉鎖に追い込まれるからです。
パディントン
2016/01/31 00:05

コメントする help

ニックネーム
本 文

月間アーカイブ


このブログを携帯で読む

マレーシア首相の口座で発見の7億ドル、サウジ王家からの贈与だった richardkoshimizu's blog/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる