楽天市場
FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪

「私は混入犯に仕立てられた」「STAP現象確かに確認」ネット通販売れ筋ランキング1位 richardkoshimizu's blog/ウェブリブログ

richardkoshimizu's blog

アクセスカウンタ

サイト内検索

zoom RSS 「私は混入犯に仕立てられた」「STAP現象確かに確認」ネット通販売れ筋ランキング1位

<<   作成日時 : 2016/02/03 02:31   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 200 / トラックバック 0 / コメント 26

小保方さん、貴女の著書がベストセラーになっていることに「裏社会」は狼狽しています。

裏社会の広報紙、産経新聞も、予想通り、貴女への中傷を再開しました。

産経の背後には「米国支配者」がいます。

世界の歴史を変えるような偉大なテクノロジーを日本人風情に実現されては困る米国支配者(米国1%)が、日本のメディアを操縦して、今後もあなたへの誹謗中傷を続けます。

この類の品性下劣な攻撃には、対処する方法があります。

RK独立党を手本にしてください。

リチャード・コシミズでした。

【小保方さん手記】

「私は混入犯に仕立てられた」「STAP現象確かに確認」ネット通販売れ筋ランキング1位…反響大きく理研は困惑 (産経新聞)

http://www.sankei.com/life/news/160201/lif1602010033-n1.html

STAP細胞の論文不正問題をめぐり元理化学研究所研究員の小保方晴子氏(32)が執筆した手記が波紋を広げている。一連の騒動を謝罪する一方、実験の一部は再現できていたとの主張に、理研関係者からは「科学者なら科学の場で議論すべきだ」などと困惑の声が上がっている。

手記は1月28日に発売された『あの日』(講談社)。ネット通販大手アマゾンの書籍の売れ筋ランキング1位になるなど反響は大きい。

理研の調査では、STAP細胞の正体は何らかの理由で混入した胚性幹細胞(ES細胞)とされた。小保方氏は手記で「私は混入犯に仕立て上げられ、社会の大逆風の渦に巻き込まれていった」と振り返った。(2016.2.1)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 200
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
おぼちゃんを支えたいです。\(^o^)/
都心ではもちろん、郊外でも書店から消えましたね。 すぐ読んで、ちょいと有望な早大生Wくんに貸してあげました。こんなことなら数冊買っとくんだっ(≧∇≦)〜〜失策。
船橋からの参加者
2016/02/03 02:51
(1/6)
>小保方さん、貴女の著書がベストセラーになっていることに「裏社会」は狼狽しています。

「理研STAP細胞論文調査委員会報告、改革委提言等への根本的疑問」ブログさんから。この方は、「小保方論文の「改竄」「捏造」認定の不合理さ、バッシングの理不尽さ」に大いなる違和感を抱き、小保方先生をずっと応援し続けています。「小保方本」も既に読んでいます。

小保方晴子先生、「人間のクズ若山」が一番狼狽していることでしょう。一番のクズは、⇒「米国1%」とその手先「CIA朝鮮カルト裏社会」です。


>小保方氏の手記に、若山氏が、STAP幹細胞に関する特許出願を単独で行おうとし、51%の持ち分を主張し、米国側と不穏が状況となったと旨が書かれています

>2012年4月24日に、米国で仮出願され、翌2013年4月24日に出願された特許の中に、その本出願段階で、STAP幹細胞 関連のものも包含されたというになります。

>若山氏は、理研にいたときは、Oct4陽性を示すSTAP細胞が普通にできていて、研究室のメンバーも、それと元にして幹細胞株の研究を各種進め、関連論文も出し(学生に出させ)、特許出願の中で、特許の範囲をできる限り広くとろうと腐心していた。
JEWJEW鮮邪er!(1/6)
2016/02/03 03:56
(2/6)

●若山氏が単独でとろうとした特許出願に関する自己点検委報告の記述 ( 生物学 ) - 理研STAP細胞論文調査委員会報告、改革委提言等への根本的疑問
2016/2/1(月)
http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt2/17104909.html
=(全文)=
 小保方氏の手記に、若山氏が、STAP幹細胞に関する特許出願を単独で行おうとし、51%の持ち分を主張し、米国側と不穏が状況となったと旨が書かれていますが、この特許出願の扱いについては、以前、下記の記事の冒頭でご紹介したように、自己点検委報告書に記載されています。

  http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt2/16439379.html

■ 自己点検委報告書抜粋 (モニタリング委報告書附属資料)
 http://www3.riken.jp/stap/j/c13document14.pdf 

「D笹井 GD は、引き続き小保方氏とともに第 2 の論文(ネイチャー誌レター論文)の執筆を進めた。この論文は、CDB の若山研究室で着想され、若山氏の支援を受けて小保方氏が解析し取りまとめたデータを基に作成されており、STAP 細胞が胎盤形成にも寄与すること、STAP 幹細胞の樹立(最終段階でアーティクル論文に編入)、胎盤形成に寄与する幹細胞(FI StemCell) の樹立を主要な内容としていた。この論文の執筆により STAP 細胞研究における若山研究室のクレジット及びCDB の貢献が明確となった。
JEWJEW鮮邪er!(2/6)
2016/02/03 03:59
(3/6)

E2013 年 3 月 1 日、小保方氏が RUL に着任した。小保方研究室の工事が同年 10月末に完了するまで、小保方氏は主に笹井研究室のスペースで研究を続けた。小保方研究室に専任のスタッフが配属されたのは 2014 年 1 月からである。

F2013 年 3 月 10 日、小保方 RUL を筆頭著者とする 2 編の論文がネイチャー誌に投稿された。

G2013 年 3 月 31 日、2012 年 3 月末に山梨大学に転出し、その後 2012 年度末までCDB の非常勤チームリーダー(TL)を務めていた若山氏の非常勤 TL の任期が終了した。若山氏の実験室は山梨大学に移った。


●⇒ H2013 年 4 月 24 日、米国特許庁に国際出願した。この出願書類には、上記Dの投稿論文からのデータが追加された。本特許は、笹井 GD を発明者に加えて、2013年 10 月 31 日に公開された(特許書類 WO2013/163296)。なお、当初は、ハーバード大学が中心になって 2012 年 4 月 24 日に仮出願していた特許とは別に、上記Dのデータを基に CDB を中心とする特許出願も考慮されていたが、ハーバード大学と理研の知財担当者とが交渉し、一つの特許として米国特許庁に国際出願した。(p4−5)


 ということは、2012年4月24日に、米国で仮出願され、翌2013年4月24日に出願された特許の中に、その本出願段階で、STAP幹細胞 関連のものも包含されたというになります。
 若山氏が、独自の特許出願を急ぎ始めたのは、2012年8月以降だと手記にありますから、時期的にも合致します。

JEWJEW鮮邪er!(3/6)
2016/02/03 04:03
(4/6)

 この国際出願の持ち分がどうだったか、すぐに出てきませんが、若山氏とすれば不本意だったのでしょう。
上記報告書では、知財担当者間での交渉の結果となっていますが、小保方氏の手記では、小保方氏自身が、特許の持ち分やオーサリングの件をめぐって、日米の著者の板挟みで苦しんだとありますので、相当の軋轢があったのでしょう。

 若山氏は、理研にいたときは、Oct4陽性を示すSTAP細胞が普通にできていて、研究室のメンバーも、それと元にして幹細胞株の研究を各種進め、関連論文も出し(学生に出させ)、特許出願の中で、特許の範囲をできる限り広くとろうと腐心していた。
  山梨大に移った以降も、STAP細胞はできるし、元留学生も中国でできているが、幹細胞株化がうまくできない。小保方氏から送ってもらった培地で培養すると、Oct4をよく発現するが、肝心の幹細胞株化がうまくいかない。
 ・・・結局そのまま、論文はアクセプトされ、大々的に発表したものの、自分の担当のSTAP幹細胞、FI幹細胞のところがうまくいかないままだ。・・・不安はどんどん募ってくる。

 ・・・という状況の中で、論文への疑義が噴出したので、これをきっかけに、全部撤回させる方向に舵を切った(しかも、STAP細胞自体が捏造だという方向で)・・・というのが、全体の流れをみて自然に浮かんでくるシナリオだと感じます。

 あの、共著者の誰にも相談しない撤回呼び掛けの唐突さ、絶対に撤回に持って行くとの強力な意志とお膳立ても、上記のシナリオを裏付けるのでは、と思います。

JEWJEW鮮邪er!(4/6)
2016/02/03 04:05
(5/6)

 小保方氏の手記には、

「○若山氏は2012年8月以降、特許申請を急ぎ、理研特許室への若山氏のメールには、「若山研のラボメンバーは、スフィアの作製も細胞株化もまあまあできる」「いつでも再現できる」「iPS細胞よりすごいものを作った」などと記されていた。(P102〜103)」

○2013年6月頃、山梨大の若山氏から、培地を送った後の連絡では、Oct4をとてもよく発現するSTAP細胞はできるが、まだ幹細胞株化には至っていないこと、中国人留学生の元研究員も中国で、STAP細胞の実験がうまくいっているとの連絡がきているとのことだった(P122〜123)

○若山研の学生は、スフィア幹細胞株関係の論文を、若山氏と相談の上、ネイチャーの姉妹誌に投稿したが、騒動になった後、静かに取り下げたとのこと(P96、P211)。

 とありますので、この若山氏の対特許室、対小保方氏へのメールの内容や、この学生の投稿論文を入手したいところです。若山研でのSTAP細胞、幹細胞の作製状況を裏付ける物証となる重要資料となることでしょう。
====
JEWJEW鮮邪er!(5/6)
2016/02/03 04:06
(6/6)

上記の関連記事です(一部略)。すみません。俺は未だ、小保方先生の本を読んでいません。(拝)↓


「理研STAP調査報告書」書庫の記事一覧

不正調査委員会や自己点検委員会の不公正運営の材料―小保方氏の証拠提出を封殺[NEW] 2016/2/2(火) 午後 0:39

2 STAP問題の基本的構図を揺るがす可能性のある小保方氏による提示事実 2016/1/31(日) 午後 2:02

1 STAP問題の基本的構図を揺るがす可能性のある小保方氏による提示事実(一通り読み終わりました。 この本に書かれたことの一部なりとも、もっと早い段階で公開されていれば、世の中の動きや受け止め方もまた、) 2016/1/31(日) 午前 2:39

小保方氏にとっての強力な武器になり得る今回の手記―認識に影響を与える材料が多数(今日の昼休みに、やっと小保方氏の手記が購入できました。平積みがなくなっていたところに、書店の人が3冊補充したのをすぐ手にとって) 2016/1/30(土) 午前 0:07

STAP細胞と小保方氏を全面擁護していた若山氏が、唐突に単独で撤回を呼び掛けた背景は?(先ほどの記事の続きになりますが、http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt2/170) 2016/1/28(木) 午後 10:40
JEWJEW鮮邪er!(6/6)
2016/02/03 04:12
これも貼っておきます。(拝)

笹井先生が殺されたのは、2014年8月5日です。俺も絶対に許せない。


●笹井教授の死にまつわる4つの不審点 ― STAP細胞は触れてはならない“禁断の果実”だった!?
2014.09.09
http://tocana.jp/2014/09/post_4801_entry.html
=(一部抜粋)=
不審点1. 不自然な死因

 発見された笹井教授の状態について、「階段の手すりにひも状のものをかけて首を吊っていた」と多くのマスコミが報道したが、違和感を覚えないだろうか? 通常、首吊りであれば、自宅やホテルなどの個室で行うのがスムーズだ。笹井氏は人が立ち入る可能性のあるセンター研究棟の階段を大胆にも選んだというのだろうか。

 そもそも、首吊りは決して楽な死に方ではない。失敗して首の骨を折ると、まず一思いで死ねないことは笹井教授も分かっているだろう。周囲に多様な薬品を置くことができる科学者であれば、まずは何らかの薬品を用いることを考えるはずではないだろうか。


不審点2. 「死因鑑定」をしていない

 日本の法律上、病院で死亡した場合には「死因鑑定」をする必要がないことになっている。最初の報道では「笹井氏は先端医療センター内で亡くなった」とされていたが、その後この報道は消され、「先端医療センターで倒れているのが発見され」、「医療センター中央市民病院で亡くなった」と訂正されている。これはつまり、笹井氏の死因を鑑定する必要がなくなり、「自殺とみられる」という表現で片付けることが可能となってしまったことを意味するのだ。(以下略)
JEWJEW鮮邪er!
2016/02/03 04:15
小保方さんは、叩かれて強くなれる人だったのでしょうね。
まさか、こんな反撃をくらうとはと、慌てふためいているようすが目に浮かぶ。
MY
2016/02/03 04:50
 誰が見てもおかしな“事件”でした。育てる段階にある筈の30歳の女性をプロジェクトリーダーにしていること自体が怪しく、結末までのシナリオが想定されていた仕組まれた“事件”である可能性が高い。
 イザというときに小保方さんを犠牲にすることくらいは想定されていたのではないのか。自殺したとされた人は騙されていたのではないのか。失意のうちに自殺したとされているが、事実を突き止められたので殺されたのではないのか。
 
あのねあのね
2016/02/03 05:19
大将や植草先生など真相追求の有志を連合して、編集部を作ったらどうですか?目的が一緒なら共同作業の方が世間の耳目を集めやすいし、資金もある程度回ると思います。
心情党員8xKzyg6
2016/02/03 06:21
某大手書店ではベストセラーなのに、全く見かけません。普通なら、一番目立つ所に置いてあるのに。こういった所もAmazonさんが伸びて、本屋さんが衰退する理由ではないでしょうか。
もみじ
2016/02/03 06:34
これはもう買うしかないですね!

買って応援!

読んで応援!

薄汚い男達とその仲間達を曝すしか有りません。

増すゴミ達も恥を知れ!
カメ
2016/02/03 06:54
研究者が潰される事は昔から変わらない。
ロイヤル・レイモンド・ライフのように分子の周波数で治療し、薬を一切使わ無い治療では儲からないからね。
戦後の密約を知らない人が多すぎ。

テレビや新聞を見ているバカが減らないと世の中は良くならない。
不正選挙 ムサシによる安倍ニセ総理
2016/02/03 08:18
わが町も 
 二日で売り切れ
  真実本
皆が応援
 ガリレオ娘
芭蕉
2016/02/03 09:46
アマゾンで品切れですが、電子書籍もあります。
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%82%E3%81%AE%E6%97%A5-%E5%B0%8F%E4%BF%9D%E6%96%B9-%E6%99%B4%E5%AD%90/dp/4062200120/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1454462786&sr=8-1&keywords=%E5%B0%8F%E4%BF%9D%E6%96%B9
西伊豆
2016/02/03 10:28
理研は所詮利権。何がジャポニウムだ!
西伊豆
2016/02/03 10:31
米国1%裏社会も、講談社に圧力をかけて、小保方さんの手記出版を押さえることができなかった。さすが日刊ゲンダイを系列誌とする講談社!と同社の出版社としての矜持を絶賛したいところですが、小保方さん自身によるこの告発本の出版を止めることができなかった裏社会の凋落ぶりに驚きを感じます。胴元ごろつき米国1%の没落と歩調を合わせるかの如く衰微してゆく傀儡たち。小保方さんの手記出版の一件を通して、加速度的に落ちぶれていく裏社会の断末魔の様相が伝わって来ますね。
ブランチ
2016/02/03 13:59
小保ちゃん、いいタイミングで、出版しましたね!追い風です!!!

2016/02/03 16:13
>貴女への中傷を再開

戦後の日本社会において、

いわゆる「対米関係」を
「優先」させることの意味とは、

一部の「金融資本家」と、
その傀儡の「手下」たちの
「利害関係」の優先でしかない…

この「利害関係」のために、
貴女は「実害」を被ったのです。

敵は、我々と「同一」なのです。

貴女に対する「中傷」は、

戦うための「エネルギー」へと、
「転化」させることができます。

必ず「時代」は、味方します。
ぷち
2016/02/03 18:50
小保方氏の反撃開始ですね。
そのまま裏社会共を追撃して倒しちゃって下さい。
ユダ金ハザール共に魂を売った理研と若山も、我々の手で公式謝罪の場に引っぱり出し、日本にいられなくしちゃいましょう。
頑張れ小保ちゃん!!

narachinn
2016/02/03 21:22
あれだけ、「ばっかじゃね?」
と言っていた、便乗B層の沈黙が、
心地よい。
(うーん心がスレちゃったw)

ポンにだ
2016/02/03 23:26

小保方さんが命をかけて向き合っているのは理研とかマスゴミとかのショボいパシりではない。世界を牛耳る巨悪なのです。
研究者の道を閉ざされ、博士号も取り消され、精神的にも極限まで追い詰められ社会的に抹殺されかけた小保方さんが
一人の人間として蘇り声をあげた事は
マスゴミや理研がいくら隠そうとしても隠せない。
なぜなら今や小保方さんは何者でもない一人の女性であり、国民は小保方さん
自身の声を聞きたがっているからです。

小保方さんは全て奪われましたが正義の心は死守していてそして立ち上がり反撃を始めた。
悪のパシりごときが捻り潰せる様な相手ではなかったのです。

母うさぎ
2016/02/04 07:59
また週刊新潮と文春が小保方バッシングをはじめたね。この二つの雑誌は世界支配者層の手先。つぶれれば良いのに。
小保方さんの味方
2016/02/05 09:48
死者が出ている以上外患誘致の可能性のある案件だろう。司法も検察も警察もマスゴミも組織内組織で米国と殺人行為を行っている可能性がある。魔女狩りや魔女裁判の裏には、汚いドロドロの利権構造があり、正義漢ぶった屑が蠢いているが、国民は既に仮面を被った彼らを人類の恥ずべき屑だと認識しつつある。
パディントン
2016/02/05 23:34


Japan blog tracking
Japan keywords
Taiwan blog tracking
Taiwan keywords
TWCS experience
China blog tracking
China keywords
English blog tracking
Taiwan blog tracking (old)
Korea blog tracking
Korea keywords



英文校正・翻訳サービスUni-editと申します。

http://www.uni-edit.net/




よろしければご参照ください。

ご好評の「英語論文執筆のヒント」も無料で発行させていただいております。

今お申し込みいただくと5%割引させていただきます。お申し込みの際、こちらのプロモーションコードをお知らせください

プロモーションコード: 「ue-jp-apr16 - 5%」
Uni-edit
2016/04/08 00:44

コメントする help

ニックネーム
本 文

月間アーカイブ


このブログを携帯で読む

「私は混入犯に仕立てられた」「STAP現象確かに確認」ネット通販売れ筋ランキング1位 richardkoshimizu's blog/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる