FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

●仏検察、サルコジ氏本格捜査=大統領選めぐり不正会計か richardkoshimizu's blog/ウェブリブログ

richardkoshimizu's blog

アクセスカウンタ

サイト内検索

zoom RSS ●仏検察、サルコジ氏本格捜査=大統領選めぐり不正会計か

<<   作成日時 : 2016/02/17 09:10   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 182 / トラックバック 0 / コメント 15

仏検察さん、隠れユダヤ人猿孤児の選挙不正会計なんて、当たり前。

徹底的に調べて、2017年の仏大統領返り咲きを完全阻止してください。捜査を米国シオニストが邪魔しますよ。

捜査の過程で「パリ連続テロ」との関わりも出てくると思いますので、途中で、容疑を国家転覆・大量殺人に切り替えてください!

リビアのカダフィ大佐暗殺もお忘れなく。

それにしても、仏当局がシオニスト元大統領を追及するとは。

フランスは米国1%との決別をしたのでしょうか。ワクワクです。


2016/2/17 08:41

●仏検察、サルコジ氏本格捜査=大統領選めぐり不正会計か

時事通信 2月17日(水)5時1分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160217-00000008-jij-eurp

【パリ時事】フランス検察当局は16日、2012年の大統領選の広報費用をめぐる不正会計事件に関わった疑いで、サルコジ前大統領を本格的に捜査すると発表した。 サルコジ氏は大統領選で敗北後、最大野党・共和党の党首に返り咲き、17年の次期大統領選へ出馬を準備中。新たな疑惑が再起に向けた打撃となる可能性もある。 仏メディアによると、当時サルコジ氏陣営は請求書を偽造するなどして、広報費用が法定上限を上回ったことを隠蔽(いんぺい)したとみられる。陣営の広告会社幹部らは一部容疑を認める一方、サルコジ氏の関与は否定してきた。しかし、パリ検察は声明で、サルコジ氏の容疑について「大統領選候補者として不正会計を行った」と説明した。 

ハラ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 182
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
サルコジの
 次はブッシュか
  ヒラリーか
芭蕉
2016/02/17 09:18
>リビア・カダフィ大佐暗殺もお忘れなく
メール事件とベンガジ事件とヒラリークリントン
http://ameblo.jp/jicchoku/entry-12129071062.html
クリストファ-・スティ-ブンスは、忠実なヒラリ-クリントンの部下であり、
実はカダフィの殺しの犯人である。
そしてベンガジを米領事館に格上げすべく、有頂天になっていた。
何故、ベンガジ派出所が襲われたのか?
オバマもヒラリーも隠しているので未だに分からない。スティ-ブンス大使はカダフィ体制崩壊後、アメリカがそれ以前にリビアの反体制派勢力に与えていた武器や、特にMANPADS(携帯式防空ミサイルシステム)を回収するという任務に当たっていた。その回収を阻止する、或いは回収した物を奪還する襲撃ではなかったのか?
そうであれば、何故仲間の部隊、本来防衛に当たるCIAに出動停止の命令が出ていたのか?その命令は誰から出ているのか?
そんなことが22通のメールの残されていると思っている。
この22通は公開されないと決まっているらしいが、FBIは調査している。FBI筋からクリントン逮捕の声が漏れるのはこんなところではないのか。
勝手に他国に侵入して、反政府勢力を支援して、元首を暗殺して、そして石油だの金鉱だのを盗む。
果ては同僚さえの命を軽んじた薄汚い人間を米国大統領にしていいのか?

2016/02/17 09:30
 不正選挙は世界の常識、日本も例外ではない。
あのねあのね
2016/02/17 10:03
あと、去年の11月初旬、大量のコカインを自家用機で運ぼうとした容疑者だったはずですが:
http://thefreethoughtproject.com/french-president-phones-seized-35-million-drug-smuggling-ring/

その10日後位にパリの偽旗テロ事件が起こって、ウヤムヤになったのでしょうか?

コカイン密輸容疑は、選挙の不正会計どころの問題ではないと思いますが... (目くらましですかぁ〜)

全部ひっくるめて、徹底追及して頂きたいものです
ハニトラTシャツ希望@NY
2016/02/17 10:17
世の中が大きく良い方向に向かってる証拠だと思います。
下級武士
2016/02/17 10:47
ロシアやシリア政府が民間人を爆殺したなんてデマ(自分たちでやっておいて、なすりつけ)の次は、「お前らの軍事作戦なんて成果ないんだぞ!」と、これまた嘘八百発言……もう、呆れて何も言えないほどのクズ&ゴロツキぶりを見せる黒い保藻ユダ公の汚罵魔と米国1%



アサド政権支援は誤り=ロシアに協調求める−米大統領

http://www.jiji.com/jc/ci?g=int_30&k=2016021700324&pa=f

 【サニーランズ時事】オバマ米大統領は16日、米・東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議後の記者会見で、シリアのアサド政権は内戦で弱体化しているとの見方を示した上で、ロシアに対し、同政権への軍事支援に力を入れるのではなく、内戦の政治的解決に向け米国と協調するよう求めた。
 大統領は、ロシアが軍事面で支えなければならなくなった事実こそが「アサドの立場のもろさ」を象徴していると強調。ロシアとアサド政権は内戦で若干の前進を得たものの、国土の約4分の3を依然として支配できていないと指摘した。
時事通信 2016/02/17-11:12
酢味噌
2016/02/17 11:57
偉い昔のことを、とポールの余命などを心配したのもつかの間、48年後の今発せられた声明によるものなので、まだまだ頼りにするぜポール、といった内容でした。

ケネディ大統領と弟のロバート・ケネディは軍産複合体に暗殺された
Paul Craig Roberts 2016年2月13日
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-6e71.html
=抜粋=
ロバート・ケネディは、カリフォルニア州での民主党予備選に勝利した夜に暗殺された。サーハン・サーハンが犯人にされた。彼はケネディの前に立っていた。彼は8連発の小口径ピストルを持っていて、それを発砲した。彼は、ケネディの隣に立っていたポール・シュレードを撃った。だが彼はケネディを撃ってはいなかった。ケネディは、医学的証拠と目撃者たちによれば、彼の背中と、後頭部への銃撃で殺害されたのだ。
ロバート・ケネディが撃たれた際、すぐうしろに立っていた著名なジャーナリスト兼ドキュメンタリー映画制作者が何年も前に確認してくれた。ケネディに命中した銃弾が自分の耳の脇を通るのを感じ、それが命中するところを見たと彼は言った。彼はFBIに詳細な報告書を書いたが、立派な資格にもかかわらず、捜査関係者からは接触はなかった。
48年後、先週水曜日、ポール・シュレードが、現在71歳のサーハン・サーハンの仮釈放聴聞で、ロバート・ケネディは、サーハン・サーハンが立っていた前からではなく後ろから誰かに撃たれたという決定的な証拠を提示した。
なんかねえ
2016/02/17 13:00
>米国1%との決別を

こういう「展開」が、

これから「世界中」で、
巻き起こるはずである…

そうでなければ、
単なる「思考停止」だ。

そうでしょ?小沢さん?

日本を、どうしたいの?
ぷち
2016/02/17 16:08
リビアのベンガジでコロされたアメ大使と同じような
コロされかたはオームの村井さん刺殺事件と良く似ている。
逃げ込む階段下の扉が開けれないように施錠して
戻り階段を上ったところで刺殺。

あの時は、予め待機していた報道陣もおかしい。
311等々、被害状況撮影がベストアングルと言われている。
同じは、根が同じなユダゴロツキとゴロツキ報道が起こしだから!

知らされないオーム事件真相もユダゴロツキciaが起こしたと点点点を結ぶと
良く分かります。

2016/02/17 19:17
<フランス>同時多発テロ以来の非常事態宣言3カ月延長

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160217-00000018-mai-eurp

 【パリ賀有勇】仏議会下院は16日、昨年11月のパリ同時多発テロを受けて発令された非常事態宣言を3カ月延長する法案を賛成212、反対31の賛成多数で可決した。非常事態宣言は5月26日まで延長される。
(以下略)
毎日新聞 2月17日 10時18分配信


まだ非常事態宣言を継続するということは、その猿乞食らユダ金勢力が再度テロを狙ってるのか?……とも思ったのですが、もう不可能そうですね。

となると、この継続は何のため?と考えると……テロではなくて、実は、間もなく訪れる世界経済崩壊によって起こる大混乱に対応するためのものだったりして。
酢味噌
2016/02/17 19:41
いいですね、フランスのユダ金テロ(偽装を含む)を防止するカードにも使えますし。

2016/02/17 19:57
Sputnik 日本
認証済みアカウント
‏@sputnik_jp
https://twitter.com/sputnik_jp/status/699558530936770560?lang=ja
フォーブス誌の評論員は、
「もし #ロシア の
#プーチン大統領 が、
#米国 大統領選で民主党候補の
ヒラリー・クリントン氏の
電子メールを入手していたら?」
と恐れている。
http://sptnkne.ws/aDr6
20:38 - 2016年2月16日
ひろ〜ん
2016/02/17 20:07
ドイツ銀行だけじゃない!世界規模の金融危機になりかねない不安要素
http://hbol.jp/83049
危機と背中合わせの米シェール業界
また現在問題になっている原油安からも金融危機の再燃が懸念されている。これまで米国のシェールオイルの業界で42社が倒産して、13万人が職場を失ったという。そして、原油安が続いている現在、この業界に関連しては社債の50%がジャンク債と看做されているという専門家もいる。

ここまでは皆の共通認識ですね

欧州の火種「グレンコア」
さらに欧州も抱えた火種はドイツ銀行だけではない。その第1候補がグレンコア(Glencore)という企業だ。スイスのバールに本社があり、金を始め天然資源の開発と商品先物取引を主要業務としている。グレンコアの金融規模は1000億ドル(12兆円)と言われているが明確にされていない。天然資源の価格が下しているのが同社の経営を苦しくしている。しかも損失額が明確にされておらず、それが同社の株価が下落し続けるという理由だという。仮に倒産すれば、リーマン・ブラザーズの規模に匹敵するというさえ言われている。

まだあったんですね、火種が
スイス初の世界恐慌というシナリオ
無名
2016/02/17 20:31
「お猿のかごや」のてきとうな替え歌


♪エセ エセ 似非フランス人さ

サルコジ(は)ユダヤさ ホイサッサ♪
酢味噌
2016/02/17 21:37
スレチですが。

米国議会の調査機関である議会調査局が、米政府がシリア政府の転覆を目論んでいた事実を記した報告書を公表したそうです。

>CIAはこれまで1万人以上の戦闘員を秘密裏に訓練してシリアに送り込んだという

これは完全に他国への侵略であり、国際法違反の犯罪ですね。
国連安全保障理事会にかけて、非難決議&制裁措置発動でしょ。
ねえ、バン・ギムンちゃん?
まあ、こんなことはRK氏のブログの読者には周知の事実ですが、公的な機関である米国議会調査局が公表したという事実は大きいです。
ただし、この報告は、IS(イスラム国)も米国製という事実はスルーですが。
----
*アサド憎しで米国が国際テロ組織をこっそり大支援
米議会関連機関が明らかにしたお粗末なシリア政策
2016.2.17(水) 堀田 佳男
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46073
(抜粋)
公表された報告書タイトルは「シリア内戦:概況と米政府の反応」。
報告書は全31ページ。15ページ目からシリア国内で達成すべき米国の目標が述べられている。
端的に述べると、シリア国内の反アサド勢力を使って傀儡政権を作るという内容だ。
 「・・・(アシュトン・)カーター国防長官が描くシナリオとしては、シリアのアサド大統領を政権から降ろして、シリア国内の反アサド勢力と米国がパートナーとなって連合政権を築くことである・・・」
ワシントン・ポストの報道によれば、CIAはこれまで1万人以上の戦闘員を秘密裏に訓練してシリアに送り込んだという。
ルロイ・ブラウン
2016/02/17 21:40

コメントする help

ニックネーム
本 文

月間アーカイブ


このブログを携帯で読む

●仏検察、サルコジ氏本格捜査=大統領選めぐり不正会計か  richardkoshimizu's blog/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる