FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

●航空機輸出、日中が火花 燃費のMRJか安さのARJか richardkoshimizu's blog/ウェブリブログ

richardkoshimizu's blog

アクセスカウンタ

サイト内検索

zoom RSS ●航空機輸出、日中が火花 燃費のMRJか安さのARJか

<<   作成日時 : 2016/02/19 07:41   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 500 / トラックバック 0 / コメント 14

日本は、70年以上前にゼロ戦や紫電改や隼や飛燕や彗星や二式大艇を製造していた航空機大国でした。(好きな機種を並べちゃっているRKでした。)戦後は、航空機の製造を米国に邪魔されましたが、航空機産業で培ったノウハウを自動車産業に注入して、世界一の自動車大国になりました。70年間、しっかりした工業基盤を時間を掛けて構築してきた結果、今のMRJがあるのです。

三菱は、航空機分野で製造させてもらえるものがないにもかかわらず、いつか、自社で製造できる時が来ると、技術者を温存し、研究を続けてきたのです。だからこそ、ゼロ戦から70年ぶりの新機種開発であるのに優れたモデルの開発にこぎ着けた。

歴史があるのです。真摯で誠実な日本技術者の夢と魂を込めたMRJなんです。たかだか20年くらいしか、工業化の歴史がない新興国と「安さ」で競争するような三流国家ではないのです。(為政者は三流だが。)日本車は、壊れにくく燃費がとても良い。中古車でも十分走る。25万キロ走っても、びくともしない。だから、日本の航空機も同じなんです。長持ちするんです。中古機価格も高くなります。結局、安いだけの機体を買うより、お得なんです。(正直、中国製の航空機に乗る勇気は、私にはありません。)

三菱航空機さん、無理に安売りしないでください。「安さと政治力」なんかと戦わないでください。技術は政治とは無関係だ。政治力は、航空機の安全性と性能に無関係な要素だ。裏金を使って受注をしないでください。正々堂々と、安全性と性能とアフターサービスで市場の信用を勝ち得てください。

ダンピング受注して、大赤字が分かってくると新幹線計画から逃げ出そうとするようなところと競わないでください。

日本の再生のためには、安売りしない、政治力に頼らない、汚い金を使わない頑なな姿勢が必要なんです。ブランドを大事にしてください。皆さんの会社は、あの名機、零戦を作ったのですから。先輩に恥じることのない「三菱の航空機」を世界に!誰もが注目しています。

2016/2/17 19:55

日中火花?って 比べること自体変でしょ? 中国を敵対視させるような 報道は飽きたよ裏社会さん。

こんな中身スカスカ飛行機 誰が乗りたいのかな〜? またなんちゃって新幹線のように 事故起こすのがオチでしょ。間違っても日本に売り込まないようにお願いします(笑)

●航空機輸出、日中が火花 燃費のMRJか安さのARJか

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160217-00000020-asahi-bus_all

朝日新聞デジタル 2月17日(水)9時33分配信  高速鉄道の輸出を競う日本と中国が、新たに参入する航空機でも火花を散らす。16日に始まったアジア最大のシンガポール航空ショーで、三菱航空機は、燃費の良さを誇るMRJの新規受注を発表した。中国メーカーは安さと政治力を武器に市場開拓をめざす。 (中略) 「インドネシアやベトナム、カンボジアなどアジア市場が狙い。MRJに技術面では劣るが、機体の安さでは、こちらが上」と担当者は話す。  中国商用飛機によると、ARJの受注は中国の航空会社を中心に300機超。...

サムライ輿水応援隊

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。
気持玉数 : 500
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
米国からポンコツぼったくりステルス戦闘機を買わされるよりいいのか。

現代の零戦、ヴェールを脱いだ初の国産ステルス機「心神X−2」の全貌

http://wpb.shueisha.co.jp/2016/02/09/60611/
とくお
2016/02/19 08:08
日本の政治屋は3流ではありません。-100流です。即ち、無用の、単なる税金寄生虫であり、害毒そのものです。
ブン
2016/02/19 08:39
安物買いの銭失い言いますが、この場合は下手すりゃ命失い!
ARZAL
2016/02/19 08:47
海上を飛ぶ旅客機の車体検査は結構厳しいので日本製旅客機を購入した方が後でお徳と思いますが?
それと消耗品交換パーツも価格が安くとも消耗が激し過ぎると日本製パーツの方がお徳と思いますが?
事故起こせば一貫の終わり特に空を飛ぶ機械は!
日本国庶民
2016/02/19 08:54
機種名解題
M:見たか
R:ロック
J:JAPAN力
芭蕉
2016/02/19 09:15
ロックフェラー家は、西南の役をきっかけに三菱の岩崎弥太郎と仲がよかったわけですが、この辺のところは近年はどういう感じなんでしょうか? 簡単に語れる感じではなさそうですが....
ロックと三菱は&#9825;LOVE??
2016/02/19 10:23
 この前打ち上げた弾道ミサイルにも転用できるロケットには三菱のマークが入っていました。衛星を打ち上げたんだとか。
 北朝鮮じゃなくて、日本のロケットのお話です。
あのねあのね
2016/02/19 10:27
ちなみに私は、四式が好きですが(´へωへ`*)
日本の航空産業技術は昔も今も世界トップレベルです。

そのうち、近い将来に純国産の超音速旅客機も夢ではないかもしれません。
Power of dream
2016/02/19 11:07
輿水先生・独立党の皆様、失礼致します。

私は大戦末期に作られた幻の戦闘機「震電」が好きです!70年前にこんな美しい機体を作れるのか…と震電のプラモデル良く眺めた物です。

そしてもっと凄いのが大戦末期の日本でジェットエンジンも試作されてた実績もこの航空機の物作り礎となっているはずです。

みんなの願い・執念・創意工夫の具現化!そして何より職人の仕事は美しい!新幹線は美しい!包丁・刀などの鋼の業物は本当に切れ味鋭く丈夫で長持ちで美しい!

現代の物作りだけではない!伊勢神宮の宮大工の仕事はもっと美しい!日本の「木」に対する礼儀や扱いは世界一!


真似する必要なし!勝負する必要なし!武道の達人や安岡正篤氏も言っているではないですか。「戦って見なければ分からないと言うのは嘘です。すでに立ち合いで勝負は付いているのです。」

これからは他から買ったり、真似するのは止めて自分たちで最高の性能・最高の品質の物を作れば良いではないですか?日本には物作りの歴史と最高の職人がいるのだから。


嘘や粉飾はいらない。中国や韓国やEU諸国やアメリカなど気にするちっさい心は捨てて日本独自の物作りに対する職人の真摯な心の具現化を生かして欲しいです。

モビーディック
2016/02/19 11:33
ユダ金さんが長年かけて政財界や官僚のトップを手中に納めたのに、いまひとつ牛耳れない不思議の国ニッポン。
その答えは、日本の推進力が、そんな所にないからです。上だけ占領しても、下から次々に生まれ出てくる不思議な創造力。モグラ叩きのようでキリがない。
ユダ金さん、それがニッポンです。誰に言われたわけではない、そこにあるものを改善したくなる自発的な欲求。
たとえニッポン国を破産させても、焼け野原のあちこちからムクッムクッと、また立ち上がってきますよ。ユダ金さんにとってはゾンビの悪夢でしょうね。
ユダ金さん、ニッポンを掌握したかったら、この無意識の推進力について、もっと研究した方がいいです、余裕があればの話しですが。そして、私にもぜひその秘密を教えて下さい、待ってます。
しろまじょ
2016/02/19 14:09
>ブランドを大事にして

真の「ブランド」とは、

気高い「プライド」に、
裏打ちされるものです。

裏付けのある「自信」に
「裏打ち」されており、

決して「嫉妬心」などに
囚われてはいないもの…

「克己」の精神ですね。
ぷち
2016/02/19 15:20
資源のない中、本物の石工、木工、金属職人であるフリーメーソン元祖日本人が、ゼロ戦、隼を作りました。

非常に軽く、最初はアメリカ戦闘機を打ち落としました。

なぜ、アメリカ戦闘機がゼロ戦にやられたかは

アメリカ庶民が圧力団体ですので「うちの息子を戦死させるな!!」と言われ

アメリカ軍機のヘルキャトの金属板は、弾丸を跳ね返すために、熱い金属の板でつくったので、動きがにぶかったのです。

ゼロ戦や隼に打ち落とされるので、おおざっぱな国アメリカは、すこードロン=編隊といって

ゼロ戦や隼が「一対一で、正々堂々と武人同士で勝負!!」と言っているのに

一つのゼロ戦に対して、数百機のヘルキャットでゼロ戦に下手な鉄砲を、かずうちゃ当たるで、打ち落としました。

一対一の男同士の対決もできない、卑怯な国がアメリカなのです。
必殺仕掛人
2016/02/19 22:16
中国製品もかなり良くなってきてますが、この点ではMRJの方が良いように思えます。ちなみに世界で初めて音速を突破した飛行機は日本の三式戦「飛燕」のようです。復元機で検証してほしいです。アポロの月面着陸より、遥かに信憑性があります。日本と中国とロシア等が共同で技術的課題を解決して、人類初の月面着陸を成し遂げて欲しいです。
もみじ
2016/02/19 22:56
ニュー(ヨーク)型気象兵器レーダーか?


新型気象レーダー 羽田と関西空港で運用へ
2月23日 19時02分

航空機の安全な運航につなげようと、雨粒を立体的に捉えることで、局地的な風の変化など気象状況の細かな変化をより正確に観測することができる高性能の新型気象レーダーが、来月から羽田空港と関西空港で運用されることになりました。
来月から運用が始まるのは、縦と横の2つの波を同時に出して雨の強さや風向きの変化を観測する「二重偏波ドップラーレーダー」なり。
神社エール
2016/02/23 19:28

コメントする help

ニックネーム
本 文

月間アーカイブ


このブログを携帯で読む

●航空機輸出、日中が火花 燃費のMRJか安さのARJか richardkoshimizu's blog/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる