FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

朝日新聞さんから「書籍広告掲載」を断られました。 richardkoshimizu's blog/ウェブリブログ

richardkoshimizu's blog

アクセスカウンタ

サイト内検索

help RSS 朝日新聞さんから「書籍広告掲載」を断られました。

<<   作成日時 : 2013/05/02 08:03   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 424 / トラックバック 0 / コメント 32

画像


朝日新聞さんから「書籍広告掲載」を断られました。

文中に問題となる点(付箋部分)が多々あったということのようです。

しかし、朝日さんももっと簡単に「却下」すればいいのにと思いました。

「朝日はユダヤ人の配る汚い金を受け取ってユダヤ裏社会の日本乗っ取りに協力することに決定したので、RKの書籍広告は出せません。出したら、緑色さんが怒鳴り込んできます。」と素直に言えばいいのに。

以下、参考文書です。朝日の「変節」がよくわかります。過去には結構評価できるメディアだったのですが、裏社会の社内切り崩しで良識派は駆逐されたのでしょうね。

いまや朝日新聞さんも読売CIA新聞、産経統一教会新聞と変わらなくなりました。残念です。

厳しい安倍氏批判していた朝日新聞 最近は論調一変しホメる
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130430-00000010-pseven-soci

NEWS ポストセブン 4月30日(火)7時5分配信
 
この4月1日から朝日新聞朝刊の紙面に“異変”が起きた。20年以上続く、いしいひさいち氏の名物4コマ漫画『ののちゃん』の掲載場所が、社会面の左端から右端へと移動したのだ。

「ついに朝日も右寄りになったか」──そんな印象を抱いた読者は少なくないのではないか。

これだけなら笑い話であるが、朝日の面舵(右旋回)は漫画の位置だけではない。社説を時系列で読み比べると、安倍晋三政権に対する批判姿勢を180度大きく変えていることがはっきりわかる。

かつて朝日新聞といえば、厳しい安倍批判が売りだった。象徴的なのが、7年前に安倍氏が52歳の若さで自民党総裁に就任した際の、「安倍新総裁 不安いっぱいの船出」と題する社説(2006年9月21日付)だろう。

〈これから新時代の政治が始まるという新鮮さがあまりわきあがってこないのはなぜだろうか。安倍氏が前面に掲げたのは「戦後体制からの脱却」であり、祖父である岸信介元首相譲りの憲法改正だった。戦後生まれが戦後の歩みを否定するかのようなレトリックを駆使する。そのちぐはぐさに復古色がにじむからかもしれない〉

そう疑問を呈し、〈首相という大きな衣に体が合わないという違和感は続くだろう〉と、まるで“首相の器ではない”といわんばかりの書き方だった。 ところが、ここにきてその朝日の論調が一変した。これを読んでいただきたい。

安倍首相が、「強い日本。それを創るのは、他の誰でもありません。私たち自身です」と国民に呼びかけた施政方針演説に対して、朝日は社説で、「施政方針演説 さあ、仕事をしよう」(今年3月1日付)とエールを送り、4月5日には、「政権100日 難所はこれからだ」という社説でこう持ち上げているのだ。

〈安倍首相が「経済再生でロケットスタートを」と宣言した通り、大規模な財政出動と金融緩和の「アベノミクス」を打ち出し、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加に道を開くなど、次々と手を繰り出した。首相の持論である「戦後レジームからの脱却」をひとまず封印し、最大の懸案だった経済再生に集中的に取り組んできた姿勢は評価できる〉

べた褒めといっていい。朝日はまるで安倍首相の方がタカ派の持論を封印したように書いている。しかし、安倍首相は、「7月の参院選は憲法改正を掲げて戦う」と国会で答弁し、連立を組む改憲慎重派の公明党の山口那津男・代表から、「少し前のめりの感じがする」と苦言を呈されるほど意気軒昂なのだ。

明らかに、封印したのは朝日の安倍批判の方だ。

※週刊ポスト2013年5月17日号

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 424
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
アサヒは本当なら70年前の敗戦時に倒産か取り潰されているべき悪徳屑メデイアなのだ。戦争を煽り、日本人同胞を煽って戦地に送り込み死なせ、野球が敵性スポーツだからと排斥していたのが、敗戦になった途端に掌返して高校野球の後援者になるという実に狡猾な変節ぶりだ。そんな卑劣卑怯を様々やりまくっただけでなく、その後は進歩派を装ったり、最近では逆に権力迎合似非右翼的姿勢へとまたもや態度変更している。

皆で不買し、アサヒは勿論のことゴミウリ、マイニチ、サンケーなどなど、日本の悪徳提灯持ちイカサマ屑メデイアを尽く撲滅倒産させよう。
Big cock
2013/05/02 08:22
アフガンで航空機墜落事件での機種がボーイング747であるそうです。今TVで小倉さんが言ってました。

ボーイング747と言えば、日本の航空機、ANAで燃料漏れなどのリコール的大問題に発展した機種。

TVでは丁度二年前のこの日、ビンラディンが殺害されたとの事。テロ疑惑も浮上しているとの事。

現在ボーイング747がもう日本で運行してましたっけ???だとしたら、日本でもカルト宗教団体が自作自演航空機テロを画策してるかもしれません!?

猪瀬の誤爆事件以来、ネトウヨがなぜか静かなのでもしかしたら何か準備しているかもしれませんね。注意が必要です。

ぶっだへっど
2013/05/02 08:32
11/18 リチャード・コシミズ【真の愛国者が日本を救う07.12.8】名古屋
http://www.youtube.com/watch?v=CiwiurdV7YU&list=PLF5F3FD26B8F1EFAF
9条改正反対
思い出しました。
pizzapeteharrison
2013/05/02 08:38
ケツの穴の小っちゃい新聞社ですね。
相手も小っちゃいんでしょう(大笑

変態のワルは表向きを綺麗事に整える。銀行も同じですね。
リポD
2013/05/02 09:00
 重要広告主の創価学会に命令されたんでしょう。橋下へ降伏したのも創価学会がらみの可能性が高いです。
 もう一つの可能性は以前から有る船橋洋一駐米日本大使就任説で、この線で脅かされた可能性も高いです。
あのねあのね
2013/05/02 09:09
おはようございます♪
今朝の毎日そうか系河北新報 第一面にリチャードコシミズ 不正選挙広告載りました〜(^o^)

同じ欄に高橋克彦さんの「東北・蝦夷の魂」という新刊の広告もあり、なんだか嬉しくなりました。

はるすけ
2013/05/02 09:10
朝日「さあ、仕事をしよう」「難所はこれからだ」…笑い所はココですね。
「一億総火の玉」と同じギャグセンス。
ヨボヨボのお爺さんが文面を作っているのでしょうか。
一切合財世も末
2013/05/02 09:59
昨年12月にウォルフレンさんと対談した孫崎さんは、「誰が小沢一郎を殺すのか」の掲載を朝日新聞から断られた話を聞いたそうです。

【〜孫崎享のつぶやき〜】から抜粋
今一つは、ウォルフレンは今日の米国を極めて厳しく見ている。ウォルフレンは今日の米国は最重要分野である金融、軍事で統治が及ばないとみている。つまり、大統領がこれらを統治していない分野とみている。軍事は軍事分野の連中が勝手に取り仕切っているとみている。

こうした見方は米国にとって好ましくない。ウォルフレンの言葉が面白い。日本社会はウォルフレンを「政治の分析者」と位置付けるが、米国では彼を「批判者(critic)」と位置付けている、端的に言えば敵側にいる人間ということになる。日本社会は全体としてウォルフレンを「日本政治の分析者」とみなしているが、マスメディアの扱いは異なる。

朝日新聞社は角川出版の『誰が小沢一郎を殺すか』の広告掲載を拒否した。新聞社の経営は苦しい。広告は貴重な収入源である。しかし、『誰が小沢一郎を殺すか』は広告掲載を断られたのである。またウォルフレンは内部通報者から得た情報として、日本経済新聞が「ウォルフレンを一切扱わない」ことに決めたという。

ウォルフレンは講演する。そして、日本の新聞記者から「私も貴方のいうようなことは書きたい。しかし書けないのです」という言葉をしばしば聞くという。それすら、朝日新聞と日経新聞は排除しようとする。「日本の週刊誌は頑張っている。一時週刊誌というとエログロ的なイメージがあったがここにはまだジャーナリズムが生きている」。でも発行部数はわずか。多くの国民とは縁がない。日本の国民にとっては残念なことだ。
peco
2013/05/02 09:59

ユーチューブに、
アップされていましたが、

アサヒ記者の、
小沢氏への質問には、

へきえき、
しました。

まさに、
手先そのものの、

いやらしい、
ものでした。


ニコチン
2013/05/02 10:31
戦争時には戦争推進の記事をだし
戦争終結後には南京虐殺、従軍慰安婦問題で国民の罪悪感を植え付ける洗脳
いまは安倍公の太鼓持ち
ただの権力に土下座しているだけの
しょうもない連中です(激怒)
シャドームーン
2013/05/02 10:39
確かに朝日新聞は変わってしまいましたね。私が議員をしていた2001年頃はまだ市町村合併や道州制に対し批判的な記事があり、極端な反体制とまでは言わないまでも一定の距離を政権に対し置いていました。以前も神戸支所を銃撃する事件などもあり、すっかり弱腰なってしまったのかもしれません。
John MaClane
2013/05/02 10:50
朝日新聞というのは新自由主義路線の応援団なんですよ。小泉時代も持ち上げていました。不正選挙安倍内閣を異様に応援していますし。まぁ12.16不正選挙ではマスコミ自身が共犯者ですからね。載せたくないのでしょう。
パイン
2013/05/02 10:51
カスゴミに広告掲載を断られましたか。なに、また大将の勲章が一つふえただけのことですよ。そのようなカスメディアの行いは、後で吐いた唾を飲むだけの愚行に過ぎない事が、いずれおのずと明らかになります。日を見るより明らかなのは、まさにこの事、つまりカスゴミの救いの無い愚かさ。そして大将の正義の事です。そして堀江に代わって大将が、マスゴミのオーナーになるべきだと、自分は思います。
あんたが大将!
2013/05/02 10:53
朝日が掲載を断るのは想定内ですね。
裏社会の糞がこびりついている(下品な表現ですみません)朝日、毎日、読売、産経の四大紙に日経辺りは掲載しないでしょうね。
広告乗せるか乗せないかで裏社会の手垢がついているかついてないかがよくわかりますよ。
萩森貴近
2013/05/02 10:55
イデオロギーの時代は終わった、というか人間生活の営み自体、イデオロギーにただすがって一列に行動していれば良い、なんて怠惰なものじゃないんだ。状況が変われば自分の経験則や専門分野なんか180度転換させなくちゃならないことだってある。
心情党員8xKzyg6
2013/05/02 11:42
【アベ政権は人気が無い】と、PCからコメントすると、弾かれました。酷い。
アベ政権は人気がない
2013/05/02 11:49
残念ですね、不正選挙本広告を載せてくれたら記念に朝日新聞を買おうと思
っていたのに、購買数伸ばすチャンスを逃しちゃいましたね。
az
2013/05/02 12:19
 朝日新聞さんへ

 名誉毀損で訴訟を起こされてはいかがですかな。藪をつついて・・・になるでしょうが。
タケナカモサド
2013/05/02 12:20
きっと輿水先生のことですから、読売と産経にも断られるのをわかってて掲載依頼し、反応を見て楽しんでそうです!w
風林火山
2013/05/02 12:32
なんと正義と真実の筈の新聞社が「不正選挙はけしからん」なる広告掲載を拒否。不正選挙犯罪に協力していることを朝日自ら認めたようなもの。
今回の朝日の対応を大拡散しましょう。
惨刑読売侮日日経も断れば己の首を絞めることになる。
なんだか今までに無い程面白い展開になってきましたね。

惨刑などはUFO云々の大川隆法本広告も頻繁に掲載してるので、エセウヨ&裏社会の「そんな妄想大手新聞は相手にしない」という捨て台詞も使えませんw

2013/05/02 12:59
そうですか〜・・
別の方も言及してらっしゃいましたが、池田ホルマリン氏の書籍の一面広告や、不幸の科学の書籍の広告はこれでもか?と言うほど、しょっちゅう掲載するのにね〜・・・。

お金出せば、内容チェックもせずに広告掲載してくれる新聞なんだと思っていました!ちゃんとチェックするのですねぇ。へ〜。



kon
2013/05/02 14:06
大将にはサンスポ、夕刊フジ、報知などスポーツ紙への広告依頼もお願いしたいところ。

駅・コンビニでのセルフ販売がメインのスポーツ紙は、チンピラの恫喝同然な営業力で成り立つ宅配制度が色濃く残る一般紙以上にジリ貧なだけにどんな反応かが激しく気になる所w
774心情党員
2013/05/02 15:15

ピンクの付箋の部分が気になりますね。

ランスロット
2013/05/02 16:45
どの部分が掲載に都合が悪いのか、ねちねちと問い詰めてみるのも面白いかも。
戦争反対
2013/05/02 17:17
広告ダメなら、記事載せろよ。朝日!!
逮捕したんだろ!!テレビに出たんだろ!!
あれから、どーなったんだ!
不正選挙の真偽を紙面で書けよ!!
レイズナー
2013/05/02 17:30
朝日は、安倍死んに記事を名誉毀損で裁判にかけられ脅され往生した
白紙委任を送った根性なし というよりお金がかわいい似非マスゴミです。
辞めてすっとしてます。実は、奨学生で学生時代お世話になった新聞屋ですが、30年間の購読もなんかだまされていた感じです。今は、ネットのみです。
ちなみに、朝日も読売もどこも、押しが三はふつうにあります。拡張は、ほとんどやーさんです。私は、指を詰めろと言われました。こっちが悪かったんですが、「新聞の値段」「指」を詰めるという相対評価はものすごい差があると思います。
腐乱死ー犬
2013/05/02 19:45
ランスロット様(2013/05/02 16:45)

そうなんですよ。どこがどうダメなのか(都合が悪いのか)教えて頂きたいものです。それにしても半端な数ではないですね。
John McClane
2013/05/02 20:08
しかも朝日は不正選挙が実行されることをすでに知っていて安倍の大馬鹿者に擦り寄ってます。

◆安倍首相 朝日新聞社長と会談で詫び受け入れたと側近が証言
NEWS ポストセブン 5月1日(水)7時5分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130501-00000005-pseven-soci
プルルン姫
2013/05/02 20:18
後に活躍する物書きが最初は断られるというあれです。

まだまだこれから、筆は飛んでいます。
桑畑三十郎
2013/05/02 21:38
朝日新聞て、CIAゴミウリ新聞や統一教会サンケイが子供に見えてしまう程の筋金入りのユダヤ紙ですよね
大東亜戦争の黒幕は似非保守である国際共産主義者
達だったことが
戦前から国際共産主義者(ユダヤ)に歩調を合わせて
日本を戦争に引きずりこみ、戦争に負けると
統一と組んで日本を極悪非道の国と吹聴
歩調を合わせているだけだから、今右傾化するのも当たり前だし、コシミズさんの広告を断るのも当たり前だと思います
朝日は善人面だけは一流の筋金入りのユダヤ新聞です
心情党員
2013/05/02 23:46
なにせ舟橋洋一がいますから。。。付箋って核心を突いた記述っていうお墨付きでしょうか。
ヒラム
2013/05/03 00:49
朝日新聞さんは、ジャーナリスト宣言!って、CMやってませんでしたか?

もうすっかり御用新聞となってしまわれたようですね。残念です。
サイレン
2013/05/03 01:01

コメントする help

ニックネーム
本 文

月間アーカイブ


このブログを携帯で読む

朝日新聞さんから「書籍広告掲載」を断られました。 richardkoshimizu's blog/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]