家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

ロシアでエボラ出血熱のワクチン開発 richardkoshimizu's blog/ウェブリブログ

richardkoshimizu's blog

アクセスカウンタ

サイト内検索

help RSS ロシアでエボラ出血熱のワクチン開発

<<   作成日時 : 2014/10/14 13:29   >>

ナイス ブログ気持玉 285 / トラックバック 0 / コメント 8

画像


誰もが「米国が作ったウイルス」と信じるエボラ出血熱ですが、ロシアが迅速にワクチンを開発。

エボラを使って世界をビビらせ混乱させようと企んだユダヤ金融馬鹿のみなさん、はい、また、大失敗です。ロシアの勝ちです。動物実験で成功しているというので、人間に使用できるのも時間の問題ですね。

アフリカの患者の皆さん、どんどん米国に密航してください。米国はロシアに土下座して許しを請います。エボラがユダヤ米国を屈服させます。

日本の富山化学の治療薬も使えそうですが、こちらは、金融ユダヤからストップが入りますので、供給できないと思います。患者の家族の皆さん、富山化学の薬を認可しろ、寄越せとCFRに押し寄せてください。患者のふりをしてCFRに乱入するなんていうのも効果的です。

敵はCFRにあり。

2014/10/13 23:22

これでエボラ詐欺も終焉ですね。

ロシアでエボラ出血熱のワクチン開発

http://japanese.ruvr.ru/news/2014_10_13/278603606/

チェレシネフ委員長によると、今後、ワクチンの試験と承認について決定が下される。なおこれらは、科学や経済に関するしかるべき政府間協定の枠組みの中で決められるという。 チェレシネフ委員長によると、現在のところ2つの実験ワクチンは、動物実験で成功している。

とくお

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 285
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
CFRメンバー女優アンジェリーナ・ジョリー
http://cinema.pia.co.jp/news/1038/29504/
アンジェリーナ・ジョリーを逮捕しろ!
http://www.youtube.com/watch?v=61wJ1jVWkW8
血塗られた英国王室の闇を暴く (日本語字幕)
http://www.youtube.com/watch?v=zHxcwadeYc0
悪魔崇拝王侯貴族から勲章やレディの称号を誇らしげに貰うCFRハリウッドセレブ
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_10_11/278533194/
創価統一パソナ接待ハリウッド進出もいましたね〜 IR議連の皆さ〜ん
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/150458/2

2014/10/14 14:55
ロシア強いね。

格闘技でも強いけど、
今の政治の強さは半端でない。

日本も負けていられないが、
今は究極のボロ負け状態。

いつか挽回したいです。
ぷち
2014/10/14 15:54
私ならロシア製のエボラワクチンを打ちます。
メリケン製のは危ないですからね。
エハンのファン
2014/10/14 19:15
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4170.html?sp
真実を探すブログさんより

エボラを疑われたら血液を強制採取されるそうです。変なワクチンまで強制されなければ良いのですが・・・
カメ
2014/10/14 23:11
ジム・ストーン氏より
http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=71825
(抜粋)今のところ、エボラに効く薬は存在しないと言われています。しかしそれは真実ではありません。
実際は、よく知られており、よく特徴づけられたエボラウイルスを退治する栄養素が存在あります。それはナノシルバーです。
ナノシルバーは無害であり、冷蔵保存する必要もありません。しかも安価です。また、殺菌効果もあります。ナノシルバーは、赤ちゃん、妊婦、そしてお年寄りまで、どんな人にでも与えることができます。ナノシルバーは体内に存在する善玉菌や健康的な細胞にダメージを与えずにあらゆる病原菌を殺菌します。この事実は世界中でテストされ証明されています。これ以外に効果的な治療方法はありません。
では、なぜ、今でも、エボラに効くナノシルバーが紹介されていないのでしょうか。
ナノシルバーは今でも大量に入手可能です。ナノシルバーの効果は絶大です。
ナチュラル・ソリューションズ・ファウンデーションは、世界中のみなさんのために、エボラや他の全ての伝染病に効くナノシルバーの有効活用を実行したいと思います。
bj
2014/10/15 00:20
Bjさん紹介のサイトからの情報
http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=71825

>エボラ・ウイルスを遺伝子組み換えしたことにより、致死率がこれまで以上に高くなっています。致死率が90%ということはジョージ・ソロスやビル・ゲイツなどのエリートらが企む人口削減計画と同じ死亡率です。

>エボラの感染者に最初に現れる症状は、壊血病と全く同じです。壊血病はビタミンC不足が原因です。壊血病は致死的な病ではありません。・・・しかし体内のビタミンCが無くなってしまった時はエボラに感染しやすくなります。・・・そして血小板が役割を果たさなくなり血液が固まらなくなります。エボラ感染者の死因は大量出血によるものです。そのため、感染者の免疫システムがエボラ・ウイルスを退治するまで、大量出血を防げばよいのです。そのためには大量のビタミンCを投与すればよいのです。

>2009年に機密解除された米政府の研究結果によると、10PPMのナノシルバーを投与することでエボラ・ウイルスの感染を予防し、病気を治すことができる事が分かりました。しかし、この事実を政府は無視しています。いつからエボラの治療薬についての研究が行われてきたのかは分かりませんが、2009年時点ではすでにナノシルバーの効用を把握していたはずです。

どうやらアメリカ政府(不正選挙の偽大統領ブッシュ)と西側メディアは5年以上もこれを隠しておいて、西アフリカの国家および社会の崩壊をたくらんできたようです。

これまでの経緯が以上のようであるとすれば、プーチン・ロシアがエボラ治療薬をつくるのはいとも簡単だったのだと思われます。

専門家ではないので断言できませんが、エボラ出血熱の真実とは、このようなことだったのでしょうか?
バード
2014/10/15 10:53
産経サイトより
http://www.sankei.com/world/news/141015/wor1410150010-n1.html

>エボラ出血熱の感染拡大について、オバマ米大統領は14日、「世界は十分な対応をしていない」と述べ、各国政府に対策強化を促す方針を示唆した。

>一方、米疾病対策センター(CDC)は同日、・・・医療スタッフを支援する「エボラ出血熱対応チーム」を編成すると発表した。

>オバマ氏は、ワシントン郊外で開かれたイスラム国対策の各国軍関係者会合後、記者団にエボラ対策の不満を述べた。

>米国内でも、テキサス州ダラスの病院で死亡したリベリア人患者を担当した女性看護師、ニーナ・ファムさん(26)がエボラ熱を発症したことを受け、二次感染防止に向けた対策強化が課題となっていた。

アメリカ政府および西側メディアはいまさら何でこんなドタバタ劇を演じているのか?
患者を救う気がさらさらないくせに。
救うどころか、救うと見せかけてその実、大量死させて人口削減、国家消滅が狙いのようで。
これって、ネットではもう先刻承知。もうその手には乗らないよ。

だから、そのたくらみは無理、無駄。
これからは、人類の希望の光、ロシア、中国、インド、イラン(ペルシア)等々の『ユーラシア同盟』がネット情報を生かして世界を救うことになります。
これに歩調を共にする国々は、偉大な国になるであろう。

日本も負けてはいられない。この全人類幸福(人生充実)化競争に加わらなければならない。

真実はこれらの国々によって明確になるだろう。後は、ネット外にお住まいの普通の国民にこの真実が浸透するのに時間がかかるだけ。真実は初めはのろくても、指数関数的に加速されて浸透するにちがいない。
バード
2014/10/15 14:31
以前もここに投稿したが、エボラウィルスは人造ウィルスである可能性が高く、それはほぼ間違いのない事実のようだ。その裏付けとして既に米国で特許取得済みだということをお知らせしておく。
Human Ebola Virus Species and Compositions and Methods Thereof ( http://www.google.com/patents/US20120251502 ) US 20120251502 A1
要約書(省略)
公告番号 US20120251502 A1
公開タイプ 出願
出願番号 US 13/125,890
PCT 番号 PCT/US2009/062079
公開日 2012年10月4日
出願日 2009年10月26日
優先日 2008年10月24日
発明者 Jonathan S. Towner, 他 4 件 &raquo;
出願人 The Government of the US as Represented by the Secretary of the Dept. of health
こちらも参照: http://quasimoto.exblog.jp/22311867/
3歳児の脳力
2014/10/16 01:05

コメントする help

ニックネーム
本 文

月間アーカイブ


このブログを携帯で読む

ロシアでエボラ出血熱のワクチン開発  richardkoshimizu's blog/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]