FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
恋活

2015年7月19日(日)、RK富良野「ラベンダーがいっぱい」講演会を開催します。 richardkoshimizu's blog/ウェブリブログ

richardkoshimizu's blog

アクセスカウンタ

サイト内検索

help RSS 2015年7月19日(日)、RK富良野「ラベンダーがいっぱい」講演会を開催します。

<<   作成日時 : 2015/03/29 14:09   >>

ナイス ブログ気持玉 208 / トラックバック 0 / コメント 15

画像


2015年7月19日(日)、RK富良野「ラベンダーがいっぱい」講演会を開催します。

詳細は別途公示します。ラベンダーシーズンのど真ん中。

ぜひご参加ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 208
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
お花のじゅうたんのようで凄く綺麗ですね。
富良野の新鮮な空気とラベンダーの香りのミックスで、思いっきり深呼吸してみたいです。
画像から、お花の匂いまでしてきそう♪
ピーチパイ
2015/03/29 14:36
明日は、杉原則彦売国奴の裁判ですね。
今度は杉原さんの御自宅の前で素敵な歌でも歌いましょうか?
もしもし杉原裁判長〜
ゆるします
2015/03/29 14:59


「ユダヤ寄生虫の正体は、獣です!(世界はこうして騙されました!)」

・ポール・マッカートニー の正体は、ウィリアム・キャンベルであり、(偽Paul McCartney=William Campbell)です。

・偽ポール&middot;マッカートニーはdouble egent(二重スパイ)です。

・「敵(世界)を欺くには、まず味方(英国民)から」。今までは、英国情報機関の勝利でした。

・偽ポール&middot;マッカートニーのご主人様は、タヴィストック研究所であり、MI5(英国情報機関)、
つまり女王陛下です。

・女王陛下のシークレット・サービスが、(SIS=MI5,MI6)です。(その下部組織が米国CIAです)

だから今の偽ポールは、ハー・マジェスティー(Her Majesty)を歌いました。

・タイトルの本来の意味は「女王陛下」です。歌中の対象の女性(主人公)である相手(恋人)に対して「私の女王様」的なニュアンスで呼びかけ、忠誠を示したのでしょう。

・ハー・マジェスティー(Her Majesty)は、特にイギリスのエリザベス女王に呼びかける際に、直接的表現を避け、儀礼上この語を使います。

・上手くアイドルグループに寄生虫として入り込み、貴女のために仕えています、とメッセージを送ったのでしょう。

1/4

hegelian
2015/03/29 15:33


・ポール&middot;マッカートニーはdouble egent(二重スパイ)です。

・ユダヤ寄生虫は、本物(Paul)を殺し、偽物(Faul McCartney)を、アイドルグループ(Beatles)に埋め込み、本物の役を務めさせ、内部からコントロール していました。

そして3人を騙し、返す刀で世界を、騙してきました。

・ポールの「死と復活」は、キリストの「神話」と同じですから、彼(Faul)は、double egent(二重スパイ)です。

(double egentは、縫い目なしのスパイと言われています)

・彼(偽ポール)が、いつも堂々としていたのは、
上司が、「女王陛下」だからです。

(絶対にバレない!ニセポールは、バックが、大英帝国(女王陛下)だから真実を喋れる人間など居る訳がない!そう確信したのでしょう。)

・本物のポールさんが死んだのは、1966年11月9日です。119→(911)と関係があるのでしょうか。

・女王陛下のシークレット・サービス(SIS=MI5)は、本人を殺し、本人に成り代わり、「世界のビートルズを征服した!」と言うことでしょうか。スゴイですね。

<神話の効用>
・西洋(イギリス)において、「神話」は、事実である必要は全く有りません。

バカで愚かな大衆が、「事実」として受け取れば良いのです。だからポール&middot;マッカートニーは死んでいます。たぶん殺されたのでしょう。

hegelian
2015/03/29 15:37


体制( 女王陛下)を維持し守る為には、ダイアナのように殺されます。それが、暗殺、誘拐、テロ、破壊活動を平気で行うIntelligence(諜報機関)の仕事です。

・John Lennonは、ダブル・ファンタジーを出してDouble(2つの正体)を暴露しようとしたのでしょうか。

ダブルとは二重スパイの事であり、ファンタジーは幻想です。

つまり
一つは、ポールの死の原因(本当に偶然死んだのか?)二番目は、本物に成り代わり、偶然を装いビートルズの一員になった偽ポールの正体(この男は一体何者なのか?)という(二つの幻想)が分かり、公表しようとしたのでしょう。

・ポールは事故を装い殺された。そして英国政府(エリザベス女王)が、自分達の宣伝に使うために、偽ポールをビートルズに寄生虫として送り込んだ。

これらの事件・事故を捏造したのが、MI5とタヴィストック研究所が共同で起こした、と理解したのでしょう。

・この事実を暴露されたら、世界中に激震が走り、多くの国から批難され、それは、核爆弾を落とされたに等しく、英国政府は空中分解 したでしょう。

3/4



hegelian
2015/03/29 15:41

・恐らくJohn Lennon殺害の「真の理由」は、悪魔寄生虫である英国王室(バッキンガム宮殿)が、生贄として本人を殺し、自分達に都合の良い人間を偽装させ、キリストの儀式(死と復活)を再現したのでしょう。

・John Lennon本人がこれらの事を暴露すれば、英国と王室は、消滅していました。

・だから、これに気付いた英米諜報部(SIS=CIA)は、協議の上、John Lennon殺害を決定したのでしょう。

・2001年ドキュメンタリー映画で真実を語ったジョージ・ハリソンさんも殺されました。

・真実を語るものは、次々に殺す。これが、諜報機関(SIS=CIA)の仕事です。

・リンゴさん大丈夫でしょうか。心配ですね。

・ユダヤ寄生虫は、ウソ(成り済まし)と偽善に関しては、神業です。これがゴロツキ達が、得意とする「諜報の技工」です。


<↓はっきり偽ポールと分かる動画です>

@
https://www.youtube.com/watch?v=YsVQ9ixgp-Y
.
Faul McCartney,difference between the real Paul McCartney. .

A
https://www.youtube.com/watch?v=XskhB7g-t78

.Paul is Dead - The Shocking Clues Collection .

4/4


hegelian
2015/03/29 15:45


<補足>

「A day in the life 」は、亡き親友ポールへの追悼曲だったんですね。

https://www.youtube.com/watch?v=XKytoJPTpFc&list=RD-O4_zVJyP5M&index=7

.Paul is Dead:Folklore フォルクローレ


「A day in the life 」

I read the news today oh boy
今日ニュースを見たよ オーボーイ

About a lucky man who made the grade
運良くも地位を掴んだ男の話だった

And though the news was rather sad
それはとても悲しいニュースだった

Well I just had to laugh
でも笑わずにはいられなかった

I saw the photograph
一枚の写真を見てたから

He blew his mind out in a car
彼は車に乗ってトンだみたい

He didn't notice that the lights had changed
信号が変わったのに気がつかなかったようだ

A crowd of people stood and stared
大勢の人々が、ただ呆然と立って見つめていた

They'd seen his face before
ほとんどの人達が、彼の顔を見た事があった

Nobody was really sure
誰もが予想しなかった、

If he was from the house of (PAUL.)
そいつがポールだったなんてね


hegelian
2015/03/29 15:52
講演会の御成功お祈り申し上げます。

「北海道」と言う名称(及び細かい郡名なども)の名付けの親と言われる松浦武四郎ですが、全国(沖縄は行けなかったそうですが)を回った人物として、親近感を感じた事がありました。

そし初めてその存在を存じ得た時、現在の松阪の端、津に近い辺りの出身であるものの「松浦」と言う苗字は先祖が松浦水軍だったからと言う部分もよく覚えています。

この松浦武四郎についても幕末に何回か北海道へ行き内陸部まで精査し相当な知識があったからと言う理由だけでなく、明治政府に重用されたの理由は、松浦水軍の血統が関係しているのではないかと思うようになりました。

先祖が松浦水軍と言う事は「系図上」でも安倍晋三ら田布施人脈とも繋がります。

そして近年(これも恐らく2006年から第一次安倍内閣以降?)北方領土問題や対ロ政策について幕末から明治期におけるこの松浦武四郎についてしばしば取り上げられる場合もあり、それを補強しているように感じています。
凶育反対
2015/03/29 19:32
ぜひ、夏休みをかねて富良野に集まりましょう(^^)v
癒やされることまちがいなしですよ〜。

ラベンダー、富良野の画像。
   ↓
http://image.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=%E3%83%A9%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%80%81%E5%AF%8C%E8%89%AF%E9%87%8E#mode%3Ddetail%26index%3D403%26st%3D15095

http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%AF%8C%E8%89%AF%E9%87%8E%E3%80%81%E3%83%A9%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC&aq=-1&oq=&ei=UTF-8#mode%3Ddetail%26index%3D13%26st%3D200

http://image.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=%E5%AF%8C%E8%89%AF%E9%87%8E%E3%83%A9%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC#mode%3Ddetail%26index%3D265%26st%3D9800

日中は、気温がかなり上がります。
帽子を忘れずに!
都わすれ
2015/03/29 20:13
ラベンダーで思い出すのがテレビドラマのタイムトラベラー。NHKでやったんだが、後に角川が違う題名で映画にした。原作と同じ題名だったかな。
ま、ポール・マッカートニーの小説をコメント投稿したやつよりはどちらも遥かに面白いね。春は色んな輩がわいて来ますなあ。
あのねあのね
2015/03/30 00:55
すみません、画像の転送間違えました!
のちほどもう一度やり直しますm(_ _)m
都わすれ
2015/03/30 10:31
仕事がのろまで、いつも追われており、久しぶりの投稿になり失礼致します。

ポールマッカートニーの偽物疑惑の件。
リチャードコシミズブログで初めて知り、youtubeに上がっている比較をあれこれ見ました。
30年来の友人の影響でビートルズはこれまで沢山聴いてきました。ジョンとマッカートニーは途中から仲が悪くなり、相容れなくなってしまった話しも聞いておりました。
自分自身、何と無くポールの作品、特にウイングス以降は違和感というか、曲に魂を感じれなかったのですが偽物との事で勝手に自分の中で氷塊した気持ちです。
なんでもかんでも陰謀話好きな人間では無いつもりでおります。

若き日のポールを見た感想を述べさせて戴きます。
ポールとフォールの違いはざっくり表現すれば、無邪気で、シャイで、茶目っ気が有って、マスクは甘くて女性に少々だらしなさそうなが、下町の少年らしい本物のポール。一方、フォールマッカートニーは何だか無理していて、演じているから何だか無邪気さが無く、いつも心から楽しめていないような感じ。
見た目の違いは背が高く、顔が長くおっさんぽい。
プロゴルファーならば、ポールはローリーマキロイ、 フォールはフィルミケルソン。

今は動画の偽装ですが、当時は写真の偽装を繰り返した様で、本物のポールは左前の歯並びが悪く、フォールは綺麗。偽装の為、途中から歯並びを敢えて悪くした話しもありました。
あのねあのねさんはビートルズのファンなのかな。好きだから信じたくない的な。。。
私の印象ではhegelianさんの是までの投稿は、私は違和感は感じてこなかったです。
YAMATOより愛をこめて
2015/03/31 00:20
ユダ金はスーパースターを仕立て上げ、その力の大きさを利用して、巨悪の本丸、ユダ金から目を背けさせ、刃向かってきた時には、その大きさを恐れジョンレノンもマイケルジャクソンも殺してきたのでしょう。
ポールの替え玉が本当で、それがばれると、替え玉を使う奴らの常套手段である事がばれる事を恐れているのでしょう。 政治家や芸能人ならば、ああ居たねと忘れられるのも早いですが、曲を残したミュージシャンはいつまでも曲と共に蘇り忘れ去られないから。
そういえばユダ金自体がハザール人演じるユダヤ人の替え玉でした。

長々と失礼しました。心の中で引っ掛かってしまっており、酒の勢いで投稿させて戴きました。
YAMATOより愛をこめて
2015/03/31 00:21
>hagelianさん
ビートルズの仕掛け人はテオドール・アドルノであるという噂がありますね。経歴を調べればわかる通り、社会心理学やファシズムの専門家であるようです。危険ですね。ペーパークリップ作戦等によって戦後西側についたドイツ人のような位置づけであり、罪の無いドイツ人とはまた違った位置づけなのではないかと勘ぐってしまいます。
もみちゃん
2015/03/31 04:03
でもイエスタデイのギタープレイがまったく変わってないから、死亡説はやっぱりよくできたフェイクじゃないのかな?
Wikiポール死亡説
ja.wikipedia.org/wiki/ポール死亡説
通りがけ
2015/03/31 19:40

コメントする help

ニックネーム
本 文

月間アーカイブ


このブログを携帯で読む

2015年7月19日(日)、RK富良野「ラベンダーがいっぱい」講演会を開催します。 richardkoshimizu's blog/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]