恋活
家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック

内田樹氏の短い総括、正鵠を射ていますね。 richardkoshimizu's blog/ウェブリブログ

richardkoshimizu's blog

アクセスカウンタ

サイト内検索

help RSS 内田樹氏の短い総括、正鵠を射ていますね。

<<   作成日時 : 2015/07/02 09:00   >>

ナイス ブログ気持玉 295 / トラックバック 0 / コメント 24

内田樹氏の短い総括、正鵠を射ていますね。

2015/7/2 08:19

TPPで奴隷になる

百田氏発言に内田樹氏、米従属から目をそらす「重い病」

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=121937

繰り返し言うが、日本は属国である。外交も国防もエネルギーも食料も、医療、教育に至るまで、重要政策は「米国の意向」を忖度(そんたく)して決定される。その現実から目をそらし、あたかも主権国家のようにふるまう点に現代日本の病は存する。懇話会で暴言を吐き散らした講師や議員はその「病」の重篤な患者たちだ。
とくお

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 295
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
現実に
 向きて正鵠
  沖縄メディア
芭蕉
2015/07/02 09:23
日本の自称保守(似非)はこう言います。
「 日本は米国に守って貰わなければ、
中国、韓国の存在が脅威であると 」

これは、保守の発想ではなく、
明らかな売国奴的発想ですね。
保守の感覚が、大変狂いすぎている。
世界中で戦争やテロを自作自演で、
クリエイトするテロリスト国家に、
守って貰おうとする考えは邪道である。
そら、自衛隊員から猛反発が
あって当然でしょうに。

まあ、ユダ金の指示通りに
自衛隊員をどうしても殺人者に
仕立て上げたいのが見え見え。
日本会議はそういう似非保守の集いです。
自衛権も国防軍もへったくれもないだろ!!
無名
2015/07/02 10:37
凶育反対さん達が訴えられているように、教育分野が、日本人の劣化にボディー・ブローのように効いていると思います。
日本の本当の歴史を知る知識層の「公職追放」に始まり、初等教育においてさえ、数々の「モデル校」という実験がなされ、現在に至る。
教育分野は門外漢なので、生半可なコメントはしません。凶育反対さん達にお任せします。
上層部が腐っていても、現場が頑張っているのが多く見られる業界がほとんどですが、教育分野は素人目にも特殊に映ります。
あと、私の知る限りの、元教師の人が、退職後、何らかの団体に所属しても「使えません」。上から目線の習性と自分が正しいと信じて疑わず、他人の意見に耳を貸さない様は滑稽です。皆、苦笑してます。
現場の教師は、激務であり「学習指導要綱」などの縛りで様々なジレンマを抱えている事でしょう…。努力の甲斐なく報わない事がほとんどだとも思われます。同情はします。しかし、腐らないでください!諦めないでください!小さくならないでください!あなた方も大切な国民であり、与えられた使命も大きいはずです。
RK理論を教壇で触れる事はなりませんが、「B層を大量生産している」と自覚している篤志家の教職にある人は、我々と「異床同夢」し、上司・教育委員会などと、「面従背反」してください。どうぞ、このブログにも、忌憚ないコメントを寄せてください。愛すべき教え子達が、将来「B層」から脱却する布石を打つ方法を、皆が提案してくれます。
「裏サイト」でこっそり見る程度でいいいので、我々、頭脳集団の意見もぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?
moritt
2015/07/02 12:15

このスレの内田樹氏と同様のことを考えていらっしゃると思うので、長くなって恐縮ですが投稿させていただきます。

元阿久根市長・竹原信一氏の講演会録音がYoutubeで公開されているので、皆さん、ぜひともお聞きいただければ幸いです。


「人類の敵は、国際金融家」
(Blue Blood、青い血)

https://www.youtube.com/watch?v=sI6RZEKbtqI


あまりにも重要な内容なので、私は、文字起こしをして印刷しました(^^)
全部大切なことですが、内容のほんの一部を以下にご紹介させていただきます(^^)

■元阿久根市長・竹原信一氏の講演会録音より抜粋

・憲法は表向き、国民の総意で作られているかのように書かれているが、国民の総意による憲法など世界中に存在しない。憲法というのは実は、殺害と略奪によって支配者が作るもの。苦労して略奪したものを簡単に手放す支配者などいない。よって、国民主権という言葉は全くの嘘で、今も国民は奴隷のままである。

・もともと日本は「ジパング(黄金の国)」と呼ばれただけあって金がたくさんあった。世界の3分の1近く産出していたのではないかと言われている。それを奪いに来たのがアメリカの外交官のハリス。金と銀との交換比率で日本がだまされて、アメリカは大儲けをした。その金をアメリカの南北戦争に使った。120万人もの死者を出す大戦争に発展したが、その南北戦争に使った(余った)武器が日本に売り込みされ、明治維新にその武器が使われた。グラバーは武器商人。明治維新で大儲けをしたのは、武器商人と国際銀行家。

百折不撓つとめて止まず
2015/07/02 12:44

■元阿久根市長・竹原信一氏の講演会録音より抜粋

・「中央銀行」なるものは、もちろん日本銀行もだが、国営を装った私物である。決済銀行、IMFなども同じ国際銀行家の私物。戦争させて借金を背負わせて支配していく。戦争はすべて国際銀行家の策略。

・銀行がどうやってお金を作っているのか。たとえば、1万円札を印刷するのにかかる経費はたった18円。18円で刷ったものを1万円の借金として出す。【すべてのお金は借金である】よって、国民は全員借金奴隷ということになる。国家の主権は政府の側にあるのではなく、(国際銀行家の私物である)中央銀行にある。そこのところを我々は理解しなければならない。

・現代の公務員は残虐性を帯びている。国民がどんなに苦しもうと、公務員にとっては痛くもかゆくもない。役所というのは、「予算を消化」という言葉を使う。消化というのは養分を吸い取って排泄すること。国民から税金として奪い、さらに養分(利益)を吸い取って排泄する(国民を捨てる)、それが国家の機能。それが役人の、公務員の仕事。公務員を一般住民と同じところにもってこないといけない。

百折不撓つとめて止まず
2015/07/02 12:45

■元阿久根市長・竹原信一氏の講演会録音より抜粋

・日本の教育はどのように行なわれているか・・・最初はゆっくりしている。教員を信用するように。そしてどんどんペースを上げていく。何の信念(自分の考え)もなしに答えを出せるように調教されていく。権威の顔色を伺う、そういう人間を育てるため、それがこの国の教育目的。
そして、東大法学部を目指す。信念も何もない、カネのためなら悪いことでも何でもできる人間が東大法学部を出て財務官僚になる。あるいは御用学者になる。東京大学というのはそういう学校です。そういう(カネのためなら何だってやるエリートと呼ばれる)人たちが官僚として、あるいは裁判官として、警察・検察、あるいは国税庁・・・として、あらゆる方法で政治家を脅かし、国民を脅かしている。メディアの世界においても同様でしょう。

・インチキ・略奪の仕掛けとしてお金のシステムが作り上げられてきたなんて、私も50歳過ぎるまで知らなかった。略奪のための一番巧妙な手口としてお金が発生させられている。
諸悪の根源は国際銀行家。(いわゆるユダ金)

・(世界の一の天才経済学者と言われている)大阪学院大学名誉教授の丹羽春喜教授は、「政府紙幣発行により、10年間でGDPを2倍にできる、国民所得も2倍にできる」と断言している。通貨発行権を国が取り戻すことで、国際銀行家の悪意や官僚たちのあつかましい支配を超えて国民同士が手をつなぐことが出来る。本物の民主主義が出来る。


・私たちに必要なのはだまされないこと。
日本銀行や官僚組織、カネばかり求める政治家、主流メディア・・・などの「嘘」と闘える私たちになることが重要。人類の本当の敵は、青い血の国際銀行家たちです。真実を隠す報道や教育を乗り越えて、真実を知って、世界を変えましょう。

百折不撓つとめて止まず
2015/07/02 12:45
 文化芸術懇話会というのは、外務大臣の岸田文雄さんの『分厚い保守の会』に対抗し次の総裁選を無投票にするという文脈で筆頭副幹事長で総裁の特別補佐の萩生田さんによって作られた会で、実態は安倍後援会だ。馬鹿な安倍が喜ぶことを言って、公認と選挙資金を貰うことを確実にしあわよくば額のアップ狙う会だな。馬鹿殿をたたえる会。諸悪の根源は安部晋三。
 発言の内容は安倍のオツムの域をでないし、ワザと馬鹿が喜ぶことを云っている。百田や大西は安倍よりはるかにひどいことを言って、安倍を善人に見せる役目かな。オムツをしたオツムが悪い奴が安倍。
あのねあのね
2015/07/02 13:11
無名さき

そして国防を強化しないと、中韓に攻め込まれると騒いでます。
nishiizu
2015/07/02 13:29
>米従属から目をそらす

米国のビジネス界には、

知識を持たない人々の
弱みにつけ込んで、平気で
国民から搾取する輩がいるが、

本来こうした行為を規制すべき
「国家」としてのアメリカは、

「規制緩和」によって、
「骨抜き」になっている。

何のことはない。

日本の傀儡チンピラたちは、
そこだけに「従属」している。

それが小泉・安倍政権の本質。
ぷち
2015/07/02 16:14
驚きました、こんなの初めてです。昼休みに入った喫茶店で、隣に座った人達が人工地震の話を始めたのです。全く正確に理解していて本当にびっくりです。RK言説に触れたのは間違いない!残念ながら時間がなく、僕は独立党の人間だと名乗り、是非、講演会に来て下さいとだけ言って別れましたが、初めてだなあこんな事。
firebird0727
2015/07/02 17:23
内田樹氏と言えば、丁度1年位前に教育破壊が安倍晋三が原因と存じ得た頃、その狙いと実態、危機感について沢山の記事を読ませて頂きました。

その中には安倍晋三の教育破壊の手口がサッチャーの教育破壊、ロックフェラー・クリントンにゼロトレランスなど米英の手法が参考とされ規範意識や道徳を押し付ける実態について、よくある共産党のなどの日の丸・君が代などイデオロギー以外の分野について沢山触れられていらっしゃいました。

そして私服の小学校への制服導入の強行などきまり問題、小中一貫教育の強行が不正選挙で安倍晋三が復活して以降、本格化している実態を目の当たりにしていたので確信に至りました。

moritt様

私の稚拙な文章をお読みになって下さいまして誠に有り難う御座いますm(_ _)m

私は専門家では無いのですが、本当に広く浅くですが一応全国各地をほぼ均等(西日本よりですが)に踏破していた経験と、自分が子供の頃から感じていた教育やメディアの在り方、そして不正選挙で安倍晋三が偽総理として復帰して以降、単純に感情論としても理不尽なきまりの制定や服装問題、型に嵌める凶育であまりにも子供達の人格を踏み躙ると感じていました次第です。

勿論全てでは無いと思いますが教員の方々は公務員なので一般市民と感覚が違う部分はあるのではないかと思います。

教員の方々も第一次安倍内閣の時の教育基本法・学校教育法の改悪の時は猛反発をされていたようですし(不覚にも当事私はこの重大性に気付けませんでした…)、福田政権〜民主党政権の間は教育現場の水際で出来るだけ形骸化させていたように感じてはいます。

ただ田布施(多布施)の薩長肥及び制服産業の本場の東瀬戸、自民党系キチガイ部落自由同和会の県本部が発足した自治体など暴走して行く自治体も散見されました。
凶育反対
2015/07/02 17:32
続きです。

色々な地域についてある程度存じているが故に、他の地域の公立校でしたら何の問題の無い子がこの地域では苦しめられ続けていると思いますととても可愛そうで仕方がありません。

あとはこれも以前ぷち様とお話になりました事ですが70〜80年代管理教育の頃は「保護者+学校vsメディア」の傾向が多かったそうですが90年代以降「保護者vs学校+メディア」になってしまい、家庭が孤立してしまう尊重されない現状があり、例えばこれは学校側がAKB系列を持ち上げたり取り入れたりしている実態などからもよく分かります。

そう言えば喜界島のお話ですが、城久遺跡の南東部のさらに高台となっている部分が自衛隊の通信所とされていますが、あの辺りも発掘したら知られると不味い何か重要な遺跡があるはずと思っています。

なお阿伝の末吉神社は沖縄の首里城近くの末吉宮か大隅半島の末吉神社のいずれかが関係しているのではないかと思っています。
凶育反対
2015/07/02 17:33
内田樹の本は、初期の著作は幾らか読みました。

『ためらいの倫理学』
『寝ながら学べる構造主義』
『女性は何を欲望するのか?』
(街場でこれと同じことを言うと、フェミニズム主義の女性からひどく嫌われます)
『街場の現代思想』
『私家版・ユダヤ文化論』
 などです。

最近のものはあまり面白く無さそうなので、ほとんど読んでいません。

マルクス主義批判、フェミニズム主義批判、ユダヤ主義批判と、「主義」(イデオロギー)的なものが嫌いというのは、私の思考と似ています。

根は中道保守なので、左翼陣営から批判の強い加藤典洋(敗戦後論)などにも理解を示しています。

倫理的なリベラルおじさんといったところでしょうか…

しかし、『レヴィナス愛の現象学』は、偏差値13の私には難しすぎて、4分の一も読めませんでした。
コーギー
2015/07/02 18:11
問題となっている「文化藝術懇話会」とは、ナチスドイツにおけるゲッペルスのやり方と同じで、あまりにも滑稽なやり方だと思います。
今の安倍は、日本会議・青年会議所・統一教会・経済三団体(経団連・日商・同友会)に支えられ、自らの考え方を教義とするため、文化・教育・芸術の分野においておかしな人物を多数用いているのです。
特に怪しげな女性陣「曽野綾子・上坂冬子・金美鈴・櫻井よし子・工藤美代子・三浦瑠璃・中桐万里子など」を重用するのが特徴で、男性陣では旗手を担ってきた石原慎太郎にかわり「百田直樹」を用い、他にも「三浦朱門・青山繁晴・竹田恒康など」これまた人材がワンサカいるのです。
こいつらが、学校教育・メディア・講演会・著書などで国民を洗脳し、在特会・ネトウヨみたいなデキの悪いバカウヨを大量に製造してきたと感じます。
アニマル
2015/07/02 18:29
たまたま アへちんと仲がいいというだけで日本の頂点にいると
錯覚してる
売国一直線百田のバカ!

何れ 純粋な日本人の怒りを買い
◎●。な ▽▲▼を迎えるでしょうね。
Elint
2015/07/02 19:32
日本よ、いまこそ米国から自由になれ! マハティール・モハマド
http://gekkan-nippon.com/?p=6878
マハティール 第一に、通常なら国際協定をつくる交渉においては参加国が集って題目を決めて、参加国で内容を固めていきます。ところが、TPPの29章の原案は、参加国が対等の立場で用意されたものではなく、米国が自国が有利になるように秘密裏に事前に作成したものであり、到底受け入れがたいことです。微細に案文が決まっていて、その条項を無効にすることも修正することもできないようになっています。
 TPP賛同者は「TPPは国境をなくして市場を開放することを意図している」と言っていますが、TPPが結ばれれば、資本を持っている国の資本がどんどん入り込んで来て、あらゆる企業が買収され、どんなビジネスでもやりたいことを始めることができるようになります。
 米国にとっていいことでも、マレーシアにとっては悪いことになります。マレーシアが、ゼネラルモーターズを買収できるわけはありませんが、資本を持つ彼らは、どこにでも入り込んで、カネにまかせて企業を買収できるので、結局は市場を独占してしまうでしょう。
 重大な問題は、「投資家・国家間訴訟(ISD)条項」です。ある国の政府の政策のせいで、企業が損失を出したとすると、その企業は裁判所に訴えることができるとしていますが、裁判所はそれぞれの国の裁判所ではなく、彼らが設立した裁判所で係争することになっています。そして外国企業が損失を出せば、国内の規制のせいだとされて、国は賠償金を払わされることになります。
葵一
2015/07/02 19:46
戦後日本の統治体制の二重構造
――米軍はずっと「治外法権」だったのだ
評者:山田宏明(作家、評論家)

沖縄上空を自由自在に飛ぶ米軍機が決して上空を飛ばないのが米軍関係者の住宅地の上空だったのだ。もちろん「墜落の危険」があるためだ。米軍は沖縄だけでなく、日本のあらゆる地域の上空を日本の航空法などの規制を一切受けずに飛行することがずっと可能だった。日本の最高法規は言うまでもなく憲法だが、在日米軍は憲法のさらに上に位置していたのだ。このことを戦後、誰も指摘しなかったことが、「日米間の闇」を謎めいた一種のタブーにしていたのだと著者は言う。
『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』 矢部宏治/著 集英社インターナショナル

この状況が属国である証でしょう。
あと焚書リストも大々的に公表されるべきで何を隠し、どんな日本精神を破壊したかったのか逆読みし自分の内に眠るものを呼び戻したい。
ビーンズ
2015/07/02 19:51
医療の闇は、「三師会」に切り込むと炙り出されると思います。
ここが、日本の医療のアメリカのカウンター・パートと思われます。
私も医療関係者のはしくれですが、私のような末端の医療従事者は、利権とは程遠い存在です。末端の医療従事者も「三師会」の存在はほとんど知られてませんし、興味もありません。
この団体の人脈や金脈を炙り出すと、医療の構造が分かるかもしれません。
moritt
2015/07/02 21:01
あれあれ?
メディアさん、「アベノミクス、マンセー!」「景気は上向き!」「安倍政権支持率50%近く!」とかはどうなったの?↓


生活「苦しい」、過去最高62.4%=平均所得は1.5%減―厚労省調査
時事通信 7月2日(木)17時38分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150702-00000105-jij-pol


↑おそらく、このデータすら偽造でしょうね。
本当は90%はあるでしょう。
62.4%に「設定」したのは、少し前に支持率を40数%とかって発表したのを考慮して、でしょうね。
つまりは全部ウソの数字。
酢味噌
2015/07/02 21:02
こちらも正鵠を射ています(笑)

ペスコフ報道官:米国の軍事戦略にはロシアに対する敵対心が表れている

ロシア大統領府のペスコフ報道官は、米国がこのほど発表した新軍事戦略の中に、ロシアを「諸隣国の主権を尊重せず、武力の行使を辞さない」国として規定した部分があることについて、コメントを行った。

米国防総省は国家軍事戦略を公表した。その中で、ロシアは、国際法規を侵害し、諸隣国の主権を尊重せず、地域安全保障を破壊する「修正主義国」として規定された。

これに対しペスコフ報道官は、金曜の会見で、次のように述べた。

「遺憾の意を表したい。この安全保障構想は、中・長期的展望に立った文書であり、そのような文書にこのような規定がなされたということは、ロシアに対する客観性を一切欠いた、しかも長期的な敵対心が存在することを証拠立てている」。

「いま我々が直面している諸々の課題には、一国が単独で対処することは不可能であり、二国間関係の正常化が必要不可欠だ。その関係正常化に漕ぎつけようとする努力に、このことは全くプラスとはならない」。

→「諸隣国の主権を尊重せず、武力の行使を辞さない」国は油堕メリカだろ〜が!!!(怒)
パレスチナ万歳
2015/07/02 23:11
日本会議とは別名、在日湯田舎弟の朝鮮組会議

田布施説が有力だとすれば、
維新で欧米に日本を売り渡した連中は、
朝鮮を祖国とする組織。

朝鮮を併合した意味も、納得できる。
日本の富と技術と知性を朝鮮に移動させ、
手っ取り早く朝鮮を近代化させた。

また、日本の完全な乗っ取りを実行するため、国境を無くし
朝鮮の同胞を日本へ引き寄せ、
主要なポストの独占工作を行った。
乗っ取るためには、
一族全員殺したってかまわない。

上が同胞であれば、もみ消し放題。

現在でも市民に対して
韓国・朝鮮との対立を演出しているのは、
すべて工作。

連中が、
日本を奪い取った支配体制を、
追求されないように、話題逸らし。

追求に目が行けば、
明治より築いた支配体制が、
ひっくり返る。

どうしてもそこへ目を向けられたくない。
今の市民からの搾取体制はおいしい。
手放したくない。

必死に歴史を捏造し、
同胞である右翼、左翼に言論の工作をさせ、
ヤクザといわれる超法規活動により、
市民を精神的に囲い込み、
メディアにより、工作活動して真実足らしめる。

全ては真実を隠し、大衆を欺く社会が、
今の日本ということですね。

お上に公を守る武士道は皆無。
赤城のうさぎ
2015/07/03 05:01
リチャード先生、「美しい日本の憲法をつくる国民の会」のパンフレットにちょと手を加えパロディーに使ってください。

「新聞潰せばいい」発言が出た「文化芸術懇話会」所属議員と日本会議の浅からぬ関係――シリーズ【草の根保守の蠢動 第10回】

http://hbol.jp/47903
とくお
2015/07/03 07:32
凶育反対様
喜界島には確かに多くの神社がありますが、今は本当に寂れています。以前は「島あそび」という、「庚申様」のような風習があり、奉納相撲も行われていたようですが、私が喜界島に住んでいた約10年前は行われていませんでした。奉納相撲というくらいですから「神事」であったはずです。各集落の公民館などに土俵が確かにありました。島一番の集落である「湾」や「赤連」には、「金比羅」と「稲荷」があったのは記憶にあります。「島あそび」に代わって、各集落の一番のイベントは学校の運動会です。児童と保護者のみならず、住民も参加して盆踊りなどが行われます。児童数が少ないので、本土と同じプログラムでは児童がヘトヘトになるので、住民参加はやむを得ないとは思いますが、だからといって「島あそび」が無くなったのは解せません。どこかで島の伝統をぶったぎる出来事があったと思われます。喜界島にも、島の規模に不相応な「創価文化会館」があります。それと何か関連があるのかもしれません。
喜界島の自衛隊の通信施設は「奄美不審船事件」で、その不審船情報を最初にキャッチしたと言われています(本当かよ?)。あの辺りも面白いと思いますが、個人的には「滝川」という、その名の通り、小さなものではありますが滝があるくらい水量豊かな湧水がある所に島一番の聖地があるとインスピレーションを受けました。何にしろ面白い島です。また行きたくなりました。今は都会から移住してきた若者が「循環農法」を実践したりしているようです。ヤギ料理「カラジュリ」やヤギの「刺身」。ついつい飲み過ぎる「黒糖焼酎」。喜界島在住の「東郷晶子」のライブも観たい!いつか「紅白」に出て欲しい…。金と暇の両方ないと行きづらい島です。だからこそギリギリの所で神秘性が保たれているのかもしれませんね。
moritt
2015/07/04 03:32
百田尚樹は、探偵ナイトスクープの
放送作家の時代から、虚言癖だったようですね。
 

2015/07/04 06:27

コメントする help

ニックネーム
本 文

月間アーカイブ


このブログを携帯で読む

内田樹氏の短い総括、正鵠を射ていますね。 richardkoshimizu's blog/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]