楽天市場
FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪

アメリカ大学考 richardkoshimizu's blog/ウェブリブログ

richardkoshimizu's blog

アクセスカウンタ

サイト内検索

help RSS アメリカ大学考

<<   作成日時 : 2015/11/02 14:37   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 244 / トラックバック 0 / コメント 13

アメリカでは、小鼠コロンビア大学や、コカイン・ブッシュ・エール大学のような超一流校に行く学生は、返済不要の奨学金を受けられるのですが、それ以下は、大学が斡旋する教育ローンを借りて進学するわけで。

で、退学率は大体50%。軍事力以外にも米国が「世界一」を維持している分野があったんですね。wあとは「殺人率」とか「貧困率」も世界一かな?

大学を続けるためにお金が必要なので、裕福な「甘〜い叔父さま」と援助交際をする女子学生や右耳ピアス君たち。その数100万人。

首尾よく大学を卒業しても、仕事は、ウォルマートのアルバイトくらいしかない。仕方なく、両親の家に同居。プー太郎。だが、教育ローンは卒業と同時に返済が始まるので、払えずに破産。

ユダヤ人の優秀な学生さん、もしくはユダヤ風の名字を持っていれば、ウォール街の金融系大企業が雇ってくれたんですが....これからは、ユダ金金融詐欺会社も「会社整理縮小」の方向へ。エリート層のユダヤ人君たちすら、無職。

あのー申し訳ないですが「日本なら何とか生きていける」なんて思いこんで、リュックひとつで日本に来ないでくださいね。日本の世間知らず女子大生A子ちゃんとねんごろになって、A子ちゃんの富裕な親に寄生するなんて、考えないでくださいね。

米国ユダ金独占社会を破壊して、普通に暮らしていける米国を取り戻すのは、あなた方のお仕事ですよ。日本人もそこまで手が回りませんよ。わかりましたか?

もっとも、日本も米国化していて、教育ローンを借りる人が増えている。親の収入が減ったり、大学の入学金・授業料が高騰している。卒業と同時に返済が始まるけれど、返せないと「ほぼヤクザ」が集金にきます。もっとも、しらばっくれて返済しない人もいますけれど。教育ローンの返済に縛られて、転職もままならず。気が付いたら45歳。早期退職の対象年齢に。教育ローンに翻弄される人生。中退率も、程度の低い大学から年々上昇しています。狂ってますね、この国。返済不要の奨学金を今の10倍に増やせ。大学は半減しろ。

日本もひどい状況ではあるのですが、どんな酷い時代でも先駆者は現れる。就職できなくても、刻苦勉励して事業を立ち上げ、20年後に大きな企業に育てる。今は、そういう人が生まれる時代ではあると思います。(刻苦勉励とは、頭と体を使うという意味です。)

ただし、全体としてみれば「アメリカ化」は、すべての分野において忌避すべきであると考えます。弁護士を増やしたのも、タクシー・観光バスを増やしたのも。「アメリカ崇拝」を捨て去らないと、日本に未来はない。

2015/11/2 13:08

米国の大学に幻想を持つのはやめましょう。支配層とコネをつくりたい人(あるいはシュガーダディーになりたい中年おやじ)だけが行けばいいのです。まじめに勉強するつもりの人には厳しすぎる現実が、、、、 シュガーベイビー、シュガーダディーという俗語がなにを意味するかは公共の場なので秘す。各自の検索にまかせます。adjunct教授が何かを説明するのはめんどいので、これも略。なおアメリカの常識では、25歳になって親の家にいるというのは、深刻な状況にあることを意味します(仕事がないとか、、、)。

-----------

25歳の半分が親の家に住む。百万の大学生がシュガーベイビー、adjunct教授の31%が貧困にあえぐ。

Half of 25-year-olds live with parents, 1 million college students ‘Sugar Babies’, 31% of adjunct profs in poverty: Demanding obvious economic solutions yet??? http://www.washing...

wombat

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 244
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時

無理して学歴をつける必要はない世の中がやってくるということでしょう。
いや、もう来ているのかも(^^)
へたな大学を出てもろくな仕事に就くことができず、大学を出ることが豊かさの保証にはならない。
以下は、あるブログの引用です(^^)
       ↓
■■荀子に曰く、それ学は通(つう)の為に非(あら)ざるなり。
窮して困(くる)しまず、憂えて意(こころ)衰えざるが為なり。
禍福終始を知って惑わざるが為なり■■

http://goo.gl/gkMN0z

「通」というのは、今日でいうならば「出世する」「成功する」という意味です。
学問というものは出世の手段、生活の手段ではないというのです。
ところが
二十世紀もかかって進歩してきた今日、荀子の時代に比べればそんなことは昔の余計な心配だったというくらいに進歩していて初めて文明なんだけれども、二十世紀も経って荀子の言ったとおりになっている。しかもさっぱり「通」じない。
今日の人は「通」のために学問をして「不通」になっておると言ってよい。

言い換えれば今日、猫も杓子も学校に入りたがる。
なぜ入るのかといえば、多くの男どもは、学校を出なければ就職ができない。就職ができなければ飯が食えないためにやっている。
これは「通」である。
皆が通じようと思って学校へ行った結果、詰まってしまって不通になった。
日本の教育は便秘状態にあり、そのために中毒症状を起こしていると考えてよろしい。

 しかし、学問はそういうものではない。
そんなことは枝葉末節、人間が進んでゆく手段の上にできてきた問題であって、本来は何のために学問するかというと「窮して困(くる)しまず」、どんなに窮しても苦しまない
 (以下略・・・続く・・・)
百折不撓つとめて止まず
2015/11/02 14:59
後、公的医療保険が無いので、病気治療で自己破産率もブッチ切り世界一DEATH!
ARZAL
2015/11/02 15:54
大学に行くよりも、大工等の職人を目指した方がいいのかもしれません。


20歳代前半に就職した会社が40年後まで存続している保証はないですから。。

厳しい世の中です。

ぽん太
2015/11/02 16:05
>「アメリカ崇拝」

これはもう、
世代によっては「病気」ですね。

この問題に関しては、
「理屈」より「感情」が先立つ…

頭では分かっていても、

それを「否定」することを
感覚的に受け容れられない人が、
かなり多いように思えます。

やはり「時間」が
掛かるのかも知れませんが、

個々人の「賢明」な判断を
「期待」するしかありませんね。

自覚できない「病気」は、
一番「厄介」なものですので。
ぷち
2015/11/02 16:28
311の前から経済徴兵制に言及していたのは堤未果さんです。

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/11590
(2010/05/20 【米国で進む経済徴兵制】戦費調達のために「貧困」創出か 〜堤未果氏が指摘「米国では学費肩代わりの入隊急増」 )

・戦費調達のしわ寄せ「教育部門」に
・重くのしかかる教育ローン負担
・3万ドルの借り入れが10万ドルに
・教育改革に「裏の狙い」あり

「教育ローンでは、住宅のサブプライムローンのように「自己破産(=借金負担からの解放)」というラストリゾートが用意されていない」
 「米国の教育ローンは、9ヵ月返済が滞ると不良債権化する。3万ドル借りて不良債権化させた若者にインタビューしたら、『返済金額が10万ドルほどに膨れ上がっている』という返事があった。不良債権になれば利息の負担が跳ね上がる。しかも自己破産ができないから、取り立てのプレッシャーは本人が死んだら、その家族にまで及ぶ」

アメリカを真似しないで、デンマークを真似しましょう!

【駐日デンマーク大使館 ‏@DanishEmbTokyo】さんの10/23のツイート
デンマークでは全ての学生に月額8万円程度(条件により異なる)の給付金が支給されます(貸与ではなく支給されるので返済不要)。大学や大学院の授業料も無料ですので、基本的には個人の経済力に関わらず勉学の意思があれば大学院まで修了できます。小さなアパートを買って住む大学生も多いようです
peco
2015/11/02 16:34
連投失礼します。
宇都宮健児さんは2年前から、戦争法→経済的徴兵制になることを見抜かれていました。

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/117333
(2013/12/20 宇都宮健児氏「米国では貧困家庭から兵士をリクルート」─格差拡大の日本も対米追従の戦争法を着々準備 )

「米国では、貧困家庭にリクルート部隊を回す」と宇都宮氏は述べ、自身が08年、米ロサンゼルスでイラク帰還兵から聞いたという話を紹介した。
 米国の学費は高く、その帰還兵は大学を出るまでに約1000万円の借金を抱えることとなった。結婚した妻も、同様だったという。「そうした借金を肩代わりしてもらうために軍隊に入る。そんな中、イラク戦争とかが起こってしまうと、そういう若者がまっさきに戦闘地域に送られる」。」
 「安倍政権がやっていることは貧困、格差の拡大政策だ。国防軍になれば、軍に入る人がいなくなる。貧困家庭を多くしておけば、背に腹は変えられないと考える人が増える。このように、安倍政権は『軍に入る予備軍を作ろうとしているのではないか』と指摘した大学教授いたが、あながち間違いではないかもしれない」。
peco
2015/11/02 16:41
若い頃、アメリカの大学に憧れ留学を夢見たことがありますが学力が伴わなかったことと資金力がなかったことで諦めました。でも、それはそれで良かったのではないかと今では思えます。例え学べたとしても、コテコテのB層になるだけでなんの役にも立たなかったのではないかと思います。
J
2015/11/02 20:00
経済学や経営学は無駄になる筆頭でしょう。もともと秀才と言うが、それはB層から見た話であって、連中より上の頭を持つ者は世界中にゴロゴロいますから、可哀想ですが現実を実感してもらうほかにない。救済はそのあと。真相を認識してからでないと、ただの馬鹿で終わる。いい機会だと思います。
問題は時代が良かっただけの世代。愚か者の吹き溜まりでもあります。質が悪いのは捨てるが一番。救われる価値もない。
日本独立
2015/11/02 20:32
日本人の間で米国留学が下火に、行きたいのは中国―台湾メディア

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20151102044/1.htm

2015年11月1日、米国国際教育協会(TIE)がまとめた統計によると、米国留学熱は1950年代から現在まで衰えることがないが、日本人に限っては留学者数がかつての1位から現在は7位に減少した。日本の文部科学省のデータによると、現在、日本人は米国より中国本土に行って勉強したいと考えており、過去2年間は中国留学者数が米国留学者数を超えたという。参考消息のサイトが台湾メディアの報道として伝えた。
とくお
2015/11/02 21:34
マンハッタンでは、戦役を終えた若い帰還兵が道端で乞食しているのをよく見かけます。
『若いんだから自分で何とかしろ!』
と思って、献金いたしませんが、
足を失った(片足だけじゃなくて両足の人も)車椅子の帰還兵には、さすがに献金させて頂いています。

自衛隊の皆さん、明日は我身ですから、今から貯金ちゃんとしておいた方がいいですよ
ハニトラTシャツ希望@NY
2015/11/03 02:43
実はユダ金支配下の下僕なんだけど本当はRK理論に共鳴している多くの日本人がいる日本が世界をリードしていて最早日本発の学問がずば抜けて優秀であるのは周知の事実だ。(小保方さんが学位剥奪されたユダ金の工作など無ければ益々発展していく。)ただ、まだまだ欧米の学術研究も無視できるものではない事も事実。それが悪事に利用されることを防ぐのも我々の仕事。
カルト集団大嫌い
2015/11/03 10:20
J
2015/11/02 20:00

上記は私です。
最近なんだかpcの調子が変です。
済みません。
John McClane
2015/11/03 19:27
ぷち様

こちらこそいつも有難う御座います^^

個人的には戦中生まれかつ「サンフランシスコ条約」をリアルタイムで体感した世代辺りが一番重症ではないかと思われます。

軍事力の差による戦争の悲惨さを幼少時に体感している上に尚且つサンフランシスコ条約でGHQから独立させて貰ったと刷り込まれ、政治意識が高くてもネットが出来ず新聞の政治報道にのめり込んでしまうと言う最もユダ金(アメリカ)に魅入られてしまった世代と言えるのではないかと感じています。

ハロウィンのごり押しについて日本に関してはコスプレに対する対抗意識(負け惜しみ)もあるのかとは思いますが、そのコスプレを含め例えば90年前後以降頃の脱色や染髪などについてはもはや白人や欧米に対する憧れでは無く、アニメやゲームのキャラ(横文字の名前であっても和製化されたもの)に対する疑似体験と見られます。

現在においては萌えの定番とされている金髪ツインテール碧眼の記号の日本人キャラなど、(少なくても有名処では)セーラームーン辺りが元祖かと思われますが、作者の世代の意識は兎も角少なくてもそれを見て育った世代は欧米や白人に対する憧れと受け止める方は少ないと感じています。

なお碧眼までとは行きませんが日本人でも青や緑に近い目の方は東北(特に仙台以北)で見かけます。

ただ…

>それを「否定」することを感覚的に受け容れられない人

これについてはそのアニメやゲーム産業の人脈や市場が収奪されているとは言え、ニコニコ動画や初音ミクなど2ちゃんねるファミリーから脱却できないオタク層や若年層(中高生)なども近いような実態があります。
凶育反対
2015/11/03 19:28

コメントする help

ニックネーム
本 文

月間アーカイブ


このブログを携帯で読む

アメリカ大学考 richardkoshimizu's blog/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]