家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

「人類は地球の磁性帯の外には出ていけない。出れば被爆する。」 richardkoshimizu's blog/ウェブリブログ

richardkoshimizu's blog

アクセスカウンタ

サイト内検索

zoom RSS 「人類は地球の磁性帯の外には出ていけない。出れば被爆する。」

<<   作成日時 : 2014/10/27 07:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 193 / トラックバック 0 / コメント 9

「人類は地球の磁性帯の外には出ていけない。出れば被爆する。」

ただ、それだけのことです。「人類は月に行った」という壮大な嘘を未だに信じている方たちは、根拠なく「陰謀論」だと笑いますが、物事を自分で考えて判断する能力が欠如しているのに気が付いていません。

米国は、大きな嘘で人を騙す詐欺国家です。911、311、福一放射能パニック、不正選挙、ウクライナ政変、TPP、アベノミクス....すべてが詐欺国家の延命のためのテロ行為です。

2014/10/26 21:58

スレチです 『科学者ら、火星への宇宙飛行士派遣は死ぬほど危険』

http://japanese.ruvr.ru/news/2014_10_26/279208270/

米国の科学者らは火星へ宇宙飛行した場合、 危機的な量の放射線を浴びることを明らかにした。 これは太陽の活動が停滞期に入ったことと関連している。 これまでは火星に行く飛行士はおよそ1年の飛行が可能とされてき た。ところが米国の科学者らの研究で、 女性宇宙飛行士がこうした火星旅行を行った場合、 浴びる放射線量は250日で危機的な値に達し、 男性飛行士では350日だということが明らかになった。 放射線量のリスクが高いため、 火星およびその小惑星への宇宙飛行士派遣は実現不可能。 地球は磁場があるため、 人類はこうした放射線のリスクから守られている。 国際宇宙ステーションも磁場の防御の恩恵を受けている。 ロシアが嘘を言っていますよ〜 こう言えばいいのかな
朝ぼけ
中国主導のインフラ銀、朴大統領が激怒?「米国が韓国...


↓以下、RKの関連文書です。

アポロ宇宙船と放射線の関係:人類が月に行く?そりゃ、無理だ。
http://mirrorblog.bob.buttobi.net/201202/article_10.html

ユダヤ裏社会も「アポロの嘘」がバレるとほかも全部疑われるので必死になります。
http://mirrorblog.bob.buttobi.net/201401/article_21.html

月面で宇宙飛行士がぴょんぴょん跳ねた時のあの薄い宇宙服のどこに「シールド技術」が隠されている?
http://mirrorblog.bob.buttobi.net/201302/article_122.html

米国人が火星に行く?まず、月に行ってからにしてくれ。
http://mirrorblog.bob.buttobi.net/201004/article_42.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 193
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
>火星への派遣は
 死ぬほど危険

100万匹のユダ菌へ

ぜひともその
「死ぬほど危険な目」に
遭ってください♪
ぷち
2014/10/27 09:34
私は夢の中で月まで飛んで行って、月に頭をぶつけて地球に落ちてきました。昼寝してたんですけどね。
あのねあのね
2014/10/27 10:05

人類にとって最大の問題は、その嘘を守るために、この100年近く宇宙開発が実質まったく進歩しなかったこと。日本においては、「宇宙開発詐欺」によって、スーペースシャトルや宇宙ステーションに乗せてもらうだけで巨額の宇宙開発費を援助させられる始末。自称宇宙飛行士だと公言している連中がいるが、正確には大気圏内の高高度を飛行しているに過ぎない。宇宙から見れば、地球の表面にへばり付いているだけ。自分たちが宇宙飛行士ではないことは本人たちが一番良く知っている。詐欺師たちは公の場へあまり姿を現さず、彼らへの質問(アポロ等)も制限されている。アポロもスタンリー・キューブリック監督の名作です。映画史に名を残す不朽の名作、映画「2001年宇宙の旅」(1968年)はアポロ11号月面着陸成功(1969年)の1年前に公開されました。アポロ月面着陸は映画の続編とも言え、映画の完成度の高さから言えば、簡単な仕事だったと思われます。これをやった連中はそのまま911も同じ方式で制作しました。

空と宇宙の境目はどこですか?(JAXA):
http://fanfun.jaxa.jp/faq/detail/103.html

大気圏は対流圏、成層圏、中間圏、熱圏、外気圏に分けられ、外気圏は高度500kmを超えます。つまり学術的には、スペースシャトルやISSが飛行している高度400kmあたりはまだ大気圏内ということになります。

40年ぶりに映画「2001年宇宙の旅」の新予告編が公開される:
http://gigazine.net/news/20141024-a-space-odyssey-new-trailer/

デジタルリマスター版「2001年宇宙の旅」の新予告編:
https://www.youtube.com/watch?v=lfF0vxKZRhc&hd=1

palm4
2014/10/27 10:42
宇宙ステーションの高度400kmというのがどんな高さか、アポロを信じるB層に説明するのに、まず地球儀を思い浮かべてもらい、その上で、「北半球のちっぽけな島国である日本の 『東京-大阪』 間の距離を地球儀の表面から垂直に取れば、それが有人宇宙ステーションのおおよその高さだよ」 と説明すれば、如何に地表すれすれの所を這いつくばっているか、容易に実感してもらえます。
ネメシス
2014/10/27 11:15

ちょっと考える資料を提示しておきますと

国際宇宙ステーションまでの距離:
400Km

地球から月の距離:
384,400km

国際宇宙ステーションの軌道速度:
7.71 km/s

人口衛星や宇宙ステーションが落ちてこないワケ:
https://www.tohoku-epco.co.jp/new_naze/nazenavi/dotten4/07/page2.html

つまり地球の重力と釣り合うほどの遠心力を得るために、秒速約7.9Kmという速度(第一宇宙速度)で飛び続けています。そして月に向かうには秒速約11Kmという脱出速度第二宇宙速度)が必要になります。

第 1宇宙速度 - わかりやすい高校物理の部屋:
http://www.wakariyasui.sakura.ne.jp/b2/53/5344jinnkou.html

その速度を得るためにアポロサターンV型という、とてつもなく巨大なロケットエンジンが必要でした。

アポロサターンV型エンジン:
http://www.caravanline.com/option/ksc/st_pho1.gif

palm4
2014/10/27 13:29

ここまで理解できれば、当然、帰りも地球の約6分の1の月の重力から脱出する速度を得る必要がありまます。NASAもアポロ計画当初は、3段式のロケットが必要だと判断していました。

初期の宇宙船のイメージ:
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/17/Apollo_Direct_Ascent.png

ところが実際には、火薬のような仕掛け爆弾で、しかも垂直に上がって行きました。まるでクレーンによって引き上げられたように。。。

アポロ17号の月着陸船の上昇段:
https://www.youtube.com/watch?v=frDuK-w5KgQ

地球の重力から脱出するのにサターンV型エンジン。月の重力から脱出するのに仕掛け火薬。はい、はい、空気抵抗ですね。(笑)

palm4
2014/10/27 13:29
然し、この関係の書籍(漫画)は
相当前から出回ってますね。
ネットの動画も良く出来てます。
アメリカもソ連も月に行った事
になってます。
皆さんエンターテイナーなんで
すか。
ネット初心者
2014/10/27 19:52
>911、311、福一放射能パニック、不正選挙、ウクライナ政変、TPP、アベノミクス....すべてが詐欺国家の延命のためのテロ行為です。

エボラも怪しい臭いぷんぷん。
とまと
2014/10/28 02:39
印度の衛星が火星のまわりをまわっているそうですが、日経の記事に、中国の人工衛星も月のまわりをまわっているそうです。なんでも、月の土を持って帰る為の予備実験との事。中国はもう既に月に着陸させ、月面車をぴょんぴょん走らせていたのでは?
中国は月面写真の公表を
2014/10/28 07:39

コメントする help

ニックネーム
本 文

月間アーカイブ


このブログを携帯で読む

「人類は地球の磁性帯の外には出ていけない。出れば被爆する。」 richardkoshimizu's blog/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる