楽天市場
FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪

◆ロシアとイラクが、ISISの拠点に対する攻撃で合意 richardkoshimizu's blog/ウェブリブログ

richardkoshimizu's blog

アクセスカウンタ

サイト内検索

help RSS ◆ロシアとイラクが、ISISの拠点に対する攻撃で合意

<<   作成日時 : 2015/10/25 05:37   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 500 / トラックバック 0 / コメント 25

イラクが隠れシオニストテロ組織、ISIS攻撃をロシアに要請。

ユダヤ米国は、ロシアとの軍事協力の対話を拒否。

大イスラエル帝国計画をロシアに潰されて、半狂乱のシオニスト米国。

ロシア国民は、プーチン氏の強行策を全面支持。

もう終わりました。

聖書予言を戦争で実現するなど、所詮、無理だったんです。

シオニスト、完敗です退場です。

2015/10/24 03:09

お早う御座います。 スレ違いご容赦下さい。m(_ _)m イラクがユダ金米国が創設した「偽イスラム国」を名乗るテロ組織ISISの拠点への攻撃の権限をロシアに与えました。(^0^) ロシアへ正式に要請したとみて間違いないでしょう。 イラク政府さん ユダ金米国からの脅迫に屈してはいけません。貴国がロシアへ支援の要請をされた事は大いに評価致します。また、ロシアは謹んでこれに応えてくれる筈です。今後、ロシア、シリア、イランと共同歩調を取られ中東諸国に展開するユダ金米国、イスラエル、西側陣営が雇っているテロリストやシオニストを殲滅して下さい。


◆ロシアとイラクが、ISISの拠点に対する攻撃で合意

http://japanese.irib.ir/iraq/item/59165-

ロシアとイラクが、isisの拠点に対する攻撃で合意

爆龍

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

この記事に貼り付けられるブログ気持玉の上限に達しました。
気持玉数 : 500
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(25件)

内 容 ニックネーム/日時
今、世界の警察と言えばロシアで、

米国は1%に操られた世界のテロリスト。
「RK言説」拡散!
2015/10/25 06:07
若干スレチ気味ではありますが、
上記のリンク先のイランラジオ日本語のページにに、
今日の言葉と言う欄がありまして、
いくつかを抜粋してみました。
http://japanese.irib.ir/2011-02-19-09-52-07/今日の言葉
いずれも、肯ける言葉だと私は思います。


シーア派3代目イマーム、ホサイン
「死は幸福であり、圧制者との生活は、苦しい拷問である」

シーア派3代目イマーム、ホサイン
「視野の狭い人間と言い争うことは、無知や愚かさのしるしである」

偉大なる預言者ムハンマド
あなた方が神と預言者に愛されたければ、話をするときは本当のことを言い、近所の人とは親切かつ丁寧に接しなさい。

シーア派3代目イマーム、ホサイン
「落ち着きは、賢さのしるしである」

シーア派初代イマーム、アリー
「知識の力は滅びることがない」
been
2015/10/25 06:16
少し前になりますが、このようなニュースも↓


ロシアとシリア反体制派が会談

http://jp.rbth.com/politics/2015/10/20/484411

 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の特別代理として、ミハイル・ボグダノフ外務次官がカイロで17日、シリア反体制派の統一組織「シリア国民連合」のアフマド・アル・ジャルバ元議長と会談した。

 会談の内容はほとんど明らかになっていない。「『ジュネーブ・コミュニケ』にもとづくシリア危機の政治的解決」の必要性に「重き」が置かれたと、ロシア連邦外務省は概略している。

(記事より一部抜粋)
ロシアNOW 2015年10月20日 エカチェリーナ・シネリシチコワ, ナデジダ・ウスチノワ


このロシアNOWというニュースサイトはスプートニクに比べると分析力がイマイチなのですが(苦笑)、ともかく、反体制派に接触したというのはどう考えてもユダ金勢力の切り崩しでしょうね。

以前に、ロシアが北朝鮮をユダ金側から寝返らせようと積極的に接触したのと同じ。
まあ、あの時は結局、北のテジ小僧がユダ公どもの脅しにビビって、ロシアからの誘いを愚かにも拒否してしまったわけですが(苦笑)。

反体制派と同じくユダ金下僕組織であるISをコテンパンに叩いて見せておいて、「お前ら、いつまでユダ公どもの下で悪事を働くつもりだ?ISみたいになりたくなかったら、そしてシリアの未来を本当に考えるなら、もうユダ金どもを見限ったらどうだ?」という風に持ちかけてるのでしょうね。
酢味噌
2015/10/25 07:13
スレチで失礼します。


対テロで国境管理強化=日・タジキスタン首脳会談

http://www.jiji.com/jc/ci?g=pol_30&k=2015102400218&pa=f

 【ドゥシャンベ時事】安倍晋三首相は24日午後(日本時間同)、タジキスタンの首都ドゥシャンベでラフモン大統領と会談、国境管理強化に向けた支援を拡充することを確認した。また、給水施設整備や農業の生産性向上で約9億円の無償資金援助の実施でも一致し、こうした内容を盛り込んだ共同声明を発表した。
 タジキスタンは国境の1400キロをアフガニスタンと接しており、麻薬や過激派組織「イスラム国」メンバーの流入が指摘されるなど、治安確保が課題となっている。日本は国境管理事務所の設置などの協力を進めている。
 首相は会談で「国境管理や麻薬対策は、テロ・過激主義対策に関連する極めて重要な課題だ。引き続き協力したい」と語った。ラフモン大統領は「アフガン情勢は中央アジア全体の状況に影響する。テロ対策は国際社会の協力が重要だ」と指摘した。
時事通信 2015/10/24-20:25


>麻薬や過激派組織「イスラム国」メンバーの流入が指摘される
>首相は会談で「国境管理や麻薬対策は、テロ・過激主義対策に関連する極めて重要な課題だ。

おいおい、重度の覚せい剤中毒で、テロ首謀者ユダ金の下僕であるお前が何言ってんだよ?(笑)
白々しいウソをつくんじゃない、安倍シャブ三!
酢味噌
2015/10/25 07:29
これで、概ねイスラエル包囲網が完成した。サウジは完全に降参して無力化。トルコが屈服するのも時間の問題でしょう。更に中国参戦のニュースが心強い。中国公安局とモサド、CIAの間で凄まじい暗闘が行われているという情報をキャッチしています。アフガン辺りで、相変わらずイスラム国詐欺を続けているようですが、無駄な抵抗。さあどうする、ネタニヤフよ。ヨーロッパはお前らを見限ったし、アメリカは本格的に介入できる状態ではないぞ。焦土作戦か?ナチスの得意技だものな。キチガイだけ逃げ出して、何も知らない民衆ごと核で吹き飛ばしそうだな。日本に来いよ、八つ裂きにしてやるぜ。
firebird0727
2015/10/25 08:08
百偽装爆撃援助は
 一ピンポイントに如かず
芭蕉
2015/10/25 09:13
>聖書予言を戦争で実現する

もし自分の「妄想」を
現実に出来る力があるなら、

それを手にするために、
手段を厭わない者もいる。

第二のユダ金が出現しない様に
目を光らせるのが、これからの
「国際政治」の仕事となる。

歴史家の「仕事」は重要だ。

そして、市民の「仕事」も。
ぷち
2015/10/25 09:40
ロシアも中国、EUは地続きで中東とつながっています。 リクス管理で言えば、本物の悪党は、アメリカへ逃げるはずです。

実際ナチスの科学者たちはアメリカへ逃げました。

よって、天皇家とお友達のロスチャイルド欧州系が、3.11の主犯格ネタニヤフとロックフェラーを駆除するためにアメリカを崩壊させるのが理にかなっています。

それを知っているので、ビル・ゲイツは軽井沢に要塞を作って逃げてきたのでしょう。
必殺仕掛人
2015/10/25 11:11
EU、対露追加制裁を発動、エネルギー・兵器分野に拡大 米国も強化へ ...MSN産経ニュース (MTマイニュース)
http://wp.gontamagic.com/?p=43187
露軍がアル・カイダ系武装集団/ISを空爆、マケインは露軍機撃墜のため地対空 ミサイル供給を主張...

ジョン・マケイン イスラム国といつも連絡を取っている?首チョンパ詐欺?
https://youtu.be/_nwfBQFzlpo

こいつこそISの真のボス、安倍氏がイスラエルで対ISで戦う国に資金援助演舌したのはこいつの居る時
【飛んで火に入る夏の虫】
砂頭巾
2015/10/25 11:40
日航&全日空 中国旅行者増加を受け路線拡大
(日本テレビ系(NNN)10月25日(日)12時5分配信)

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20151025-00000018-nnn-soci

日本を訪れる中国人旅行者の増加を受け、羽田と中国を結ぶ新たな便が25日から運航を始めた。

日本航空と全日空が新たに開設したのは、羽田と中国の広州を結ぶ路線。今年の訪日中国人旅行者は先月までで約383万人と前年同期比で倍増していることから、両社とも羽田空港の中国路線を拡大させていて、北京線と上海線も、それぞれ1日2往復に増便している。

羽田空港では中国の航空会社も新たに路線を開設していて、羽田と中国各地を結ぶ便は、これまでの1日8往復から20往復に増えている。

ウィンウィンの日中関係の深まり、いいじゃないですか。1%のユダヤ人が、どんなに姑息な手段を使って日中関係を破壊しようとしても、現実の流れは止められない。諦めましょう。
ブランチ
2015/10/25 15:03
ポルトガルの社会団体、
NATO演習に反対
http://jp.sputniknews.com/europe/20151025/1074150.html

NATOは平和の守護者というより戦争の要因

米国の軍人1人の装備に掛かる費用で、
ポルトガル人2人を1年間にわたり教育できる。空母ジェラルド・フォード1隻の値段は、
ポルトガル市民の保健にかかる費用、1年半分をカバーするものであるという。

NATOと戦争に反対・米帰還兵動画
https://www.youtube.com/watch?v=oW99yZ3hBBo

2015/10/25 17:02
(戦犯)ブレア元英首相
ISは米国のイラク侵攻で誕生した
続きを読む http://jp.sputniknews.com/politics/20151025/1074275.html

ブッシュ逮捕間近?ヒラリー略奪婆も?

2015/10/25 17:25
ロシアにとっても「大義名分」ができて好都合だとおもいます。
John McClane
2015/10/25 18:17
ロシア今昔
昔:ロシアンルーレット
今:ロシアンピンポイント
芭蕉
2015/10/25 18:34
正義のロシアによるIS掃討作戦で、ハザールマフィア傀儡のISが崩壊してなぜかブレジン爺が怒り狂うという、わかりやすい展開ですね(笑)
EUも既に流れを理解してダメリカ切り捨てに走ったという分析も。ドルのゴミ化予測と合わせて考えれば当然かと思います。
さらにもうロス系よりも露中の方が強い。
あのロスチャイルドも過去の人ですかね。
ロジック
2015/10/25 18:49
大虐殺は許される
イスラエル紙2014.8


ユダ金が本当にユダヤなら

人をむやみに殺したりしません

2014.7, 8
イスラエルのガザ侵攻で
800人の子供たちがミンチにされました

こんなことが許せるか❗
俺は許せない❗

kmrb
2015/10/25 19:24
●速報:イラクで捕獲されたイスラエルの将軍はイスラエルとISIS連合を告白

2015-10-25 18:00(嗚呼、悲しいではないか!)

http://ameblo.jp/jicchoku/entry-12087069337.html

速報の話:イラクで捕獲されたイスラエルの将軍はイスラエルとISIS連合を告白

http://www.veteranstoday.com/2015/10/21/breaking-story-israeli-general-captured-in-iraq-confesses-to-israel-isis-coalition/

「モサドとISIS幹部軍司令官の間には強い協力関係がある。イスラエルの顧問は、戦略と軍事計画の設計について組織を援助し、戦争へ彼らを導いている」

「編集者注:シャハク将軍はシーア派民兵によって捕獲され、まだイラクに確保されている。彼の捕獲者はベテラントディと密接な関係がある欧州安全保障組織であるDESIと連絡を保っている。下の記事は、今朝彼の捕獲者に提出した質問に基づいている。我々はまた、彼が保護されている状況についても訊ねた。GD」

米議会の外相で安全保障と情報欧州部門長官一般大使のハイッサン・ボウサイード博士はイラク通常軍によって捕獲されたイスラエル准将ユッシ−エロンシャハクでその調査の間に告白したことを確認するのみである。


「モサドとISIS幹部軍司令官の間には強い協力関係がある。イスラエルの顧問は、戦略と軍事計画の設計について組織を援助し、戦争へ彼らを導いている」

(続く)
ハラ
2015/10/25 19:55
(続き)

テロリスト組織もまた、サウジアラビア、カタール、アラブ首長国連邦とヨルダンからの軍事顧問を持っている。サウジアラビアは今までのところ、3万台を超す車輌を提供しており、ヨルダンは4500台の車輌を貸与している。カタールとアラブ首長国連邦はISIS全支出をカバーする資金を提供している。

上記の国に属している航空機は、特にヨルダン国教を経由して軍事援助や戦闘機を運んできて、依然モゼル空港に着陸したままである。

議会とDESIはまた、銃撃戦で頭と肩に二つの弾丸を受けたISISリーダーのアブ・ベーカー・アル・バグダディの死を確認している。彼の幹部側近の二人も同様に殺された。彼が捨てる商品になったので、彼の死の背後にはCIAとMOSSADがいると思われている。

さらに、8人のISIS幹部司令官は、イラク軍情報局によって2週間監視された後にイラクの空爆によって"Haith"(?)で殺された。

報告書は、モスクワで最近逮捕されたISISテログループはウクライナ経由でシリアとイラクからやって来たと結論している。加害者は鉄道とバスの駅において破壊的作戦を実行しようとしていた。爆破犯はチェチェン、コーカサス、イラク、シリアとサウジアラビアの国籍である。

ウクライナは、ロシアを破壊した後、シリアへの軍事介入の復讐として吸収しようとするプーチンの主要な敵と共謀してテロリスト活動を受け入れる温床となった。
ハラ
2015/10/25 19:55

★空爆した後、ここまで執拗にアフガンのクンドゥズにあるMSFの診療所を米軍が破壊したがっているのは、ここがタリバンの秘密拠点として機能しているか、MSFの支持母体であるフランス政府に対するブラックメール(恫喝)である可能性が高い。人道慈善団体や国際NGOが各国の特務機関や諜報機関の隠れ蓑としてずっと悪用されてきたのは公然の秘密である。

米軍、クンドゥズ「国境なき医師団」の今度は門を「誤って」撤去
http://jp.sputniknews.com/us/20151020/1053433.html#ixzz3pZvnhmzX

クンドゥズの診療所で銃撃、死者は増えて30人に
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151025/1075277.html#ixzz3pZw6WHKQ

VT
2015/10/25 20:44
苦し紛れに本音(?)が,,,(笑)

CNN、ISを反体制派と呼ぶ

シリア軍はロシア軍の支援を受けて、「イスラム国(IS)」拠点に対する攻勢を強めている。ラタキヤやアレッポ、ダマスカス近郊で、先にISに占領された領土が一部奪還されている。一方欧米諸国は今も、ロシアはシリアの穏健反体制派と戦っている、との主張を繰り返している。CNNはISを反体制派の一角に数えている。

米国メディアの一部はシリア反体制派というものの内実をよく分かっていないように思われる。CNNのあるルポルタージュでは、ロシア軍は「ISを含む反体制派に空爆を行っている」と述べられている。

「驚くにはあたらない。西側が対IS作戦の開始を宣言したとき、ロシアは言った。『手伝いましょうか』『いいえ駄目です』『どうして』『あなたはアサド退陣を求める勢力を狩り出すのでしょう』。ところでISもまた、アサド退陣を求めている。シリア大統領の退陣を求める良いグループと悪いグループを、どう見分けるのか。どこに論理があるのか」と米国のメディア評論家、ライオネル氏は語る。
パレスチナ万歳
2015/10/25 22:41
まあ 関連と言う事で・・・

この英語記事は、実にうまい表現をされてます。

http://www.veteranstoday.com/2015/10/25/future-of-war-is-in-the-host-country-ukraine/

一部翻訳。

戦争の未来は、「ホスト」の国、ウクライナのです。
「...生きている動物や植物に寄生虫は栄養を取得します。(どこかと日本の関係)」

日本でも最近、別となっている「ホスト(国会にいる売国ゲイホストですかね?)」 米軍と海軍の操作のための国です。日本人は、彼らが中国との戦争で使用されようとしていることを知っていますか?

(退役された元米軍の方に こんなこと書かれていてはね?)

彼ら(WST)はシナリオの選手であることを認識しているので、日本は、ホスト"侵略軍として利用されて?寄生虫に為に?

「今年のシナリオでは、攻撃を受けていますホスト国(ISIS?)で構成されています。国家(米国?)は大きなコストで自分自身を守ることができます。(ドル防衛?)多国籍軍(米国国防省?)は、ホスト国(ISIS)を支援するために送信され、挑戦(偽旗?)は、その防衛のホスト国を支援するために送信される多国籍旅団(CIA モサド?)を、一緒に持参し、訓練する(ISIS?)ことです。」

このブログ主は、英語で自筆で本を出版されてます。古代エジプトと古代ユダヤ人の詐欺偽りに関して細かな分析をした本を出されてます。
3838panda
2015/10/25 23:15
この英語記事を読んだところ、 方々でシリア&イラク&ロシアの連合軍の攻撃により、ISISの投降が数多く始まってる様です。

http://www.veteranstoday.com/2015/10/24/syrian-army-seizes-israeli-backed-base-on-golan-heights/
3838panda
2015/10/25 23:37
シリア内戦 ロシアが大統領選実施の和平提案か

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151026/k10010282421000.html
とくお
2015/10/26 06:39
英・ブレア元首相、イラク戦争で異例の謝罪

http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye2620673.html
とくお
2015/10/26 13:01
ついに始まるゴキブリ駆除。

一匹ずつ潰すという悠長さでなく、
巣ごと殲滅というのが、
この上なく清々しい限りです。

ロシア人の友人が何人かいますが、、
普段は大らかで愉快な性格なのに、
怒らすと本当に恐ろしく、かつ(当該の件に関しては)執念深いです(笑)(まあ、私の友人だけかもしれませんが、、)。

とにかく、西側文明の贅沢にどっぷり浸かって堕落しきった偽ユダヤと、強靭なロシア人スピリットでは、潜在能力が違い過ぎます。

極悪環境で鍛えられた雑草パワーを舐めるなよ、シオニストのブタめ。
プーチン氏なら「たとえ便所に隠れていても息の根を止める」でしょう。

雇われ翻訳家
2015/10/26 20:22

コメントする help

ニックネーム
本 文

月間アーカイブ


このブログを携帯で読む

◆ロシアとイラクが、ISISの拠点に対する攻撃で合意  richardkoshimizu's blog/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]